えだまめカフェ的ブログ

〜ただ静かに暮らしたい〜

 

カレンダー

2015
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

国立競技場解体 13

クリックすると元のサイズで表示します

もうちょっと振り返ってみよう。

懐かしさ、もう二度と戻らない、寂しさ、・・・


クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、写真のシミはレンズの内側の。

何度も解体清掃に出しても、すぐにこうなっちゃうPanaデジカメ。

試合開始時は全席が埋まってました。


クリックすると元のサイズで表示します

さっきまでの解体写真と対比してみて。

ここがあの写真の場所で、ここがあの写真の場所で、・・・

この聖火も、今は・・・


クリックすると元のサイズで表示します

「11」に出てきた写真は、このアングルに近いかも。

昭和39年 東京オリンピックは知らない世代だけど、

国立競技場の思い出は、自慢話として、後世にも語り継ごう。

(旧富士スピードウェイも然り)

投稿者:えだまめ

国立競技場解体 12

クリックすると元のサイズで表示します

ここで箸休め。

2014年元日、サッカー天皇杯の様子を振り返り。

ここは千駄ヶ谷門。 「国立競技場解体1」で出てきた場所だ。


クリックすると元のサイズで表示します

メインスタンド側だぜ。

工事車両の出入りの瞬間に、侵入して撮影した「2」で登場。

この光景が、今は、すべて平地に。


クリックすると元のサイズで表示します

バックスタンド裏。

小さな売店、2m階段下のトイレ、があったところだ、


投稿者:えだまめ

国立競技場解体 11

クリックすると元のサイズで表示します

残るスタンド(幽波紋)!!!


スタンドも、上段しか残っていない!!!

下段は、すでに壊されている!!!


おぉーー!! クレイジーダイヤモンドで元に戻したい!!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

国立競技場解体 10

クリックすると元のサイズで表示します


ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!



うわぁー、なんにもないー・・・

なくなっちゃってるー・・・


クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

国立競技場解体 9

クリックすると元のサイズで表示します

日本青年館から見た国立競技場。


千駄ヶ谷門から、ちょうど反対側。


そしたら、誰も居ない門があるではないか。

しかも、防塵カバーがめくれているではないか。


いざ! 突入−−−っ!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

国立競技場解体 8

クリックすると元のサイズで表示します

この日も、少しずつ、着実に、解体されていってた・・・。


この辺は、30番ゲートくらいかなー。


このバックスタンド裏には、小さな売店があったり、

2mくらい階段下りたところに、昔ながらのトイレがあったり・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

国立競技場解体 7

クリックすると元のサイズで表示します

あぁー、解体前の最後の「サッカー天皇杯」を観戦したなぁー。

懐かしい。


あぁー、解体前の最後の5月、国立競技場ツアーにも参加したなぁー。

陸上トラックも走れたし、メインスタンドにも座った。

いつも「天皇杯」を、皇族から渡される場所にも、立ってみたー。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

国立競技場解体 6

クリックすると元のサイズで表示します

神宮球場側に回ってみた。

おぉーー!! 残るスタンドは聖火台付近のみー!!


1964年の東京オリンピックで灯されて以来、

やはり聖なる火の聖火台は、最後まで生き残るべしーー!!

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

国立競技場解体 5

クリックすると元のサイズで表示します

競技場のトラックは、面影なく、解体・・・。

観客スタンドも、1周のうち、残るのは1/8程度・・・。

照明も、残るは1機・・・。


国立競技場の周りを、グルっと1周歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

国立競技場解体 4

クリックすると元のサイズで表示します

工事壁の各所に、騒音[dB]と振動[dB]のデジタルメータが。


随時、1秒ごとくらいに表示されてたよー。


こういうの重要。

単に、爆破・解体・砂塵が舞うのは、20世紀にやること。


鹿島建設のビル解体、然り、21世紀はこうじゃなくちゃ。

(ダルマ落としのように、ビルを1階から解体していくという)


投稿者:えだまめ
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ