ラッパスイセンの有用性  

先週のBBC NEWSで、daffodil(ラッパズイセン)から抽出されたgalantamineという成分が、アルツハイマー病の進行を遅らせることがわかったと報じられていた。
アルツハイマー病は原因が解明されておらず、治療薬も治療法もないとされている。
このgalantamineという成分は、もともとバルカン諸国で野生のsnowdrop(ユキノハナ)というヒガンバナ科の植物から摘出されたそうだ。
そしてラッパズイセンは特にウェールズ地方のものが合成物を生産するのによいらしい。
現在Cardiffの研究所で現在の半額のコストの薬が開発されつつあるようだ。
これで家畜を育てること以外の丘土地の有効利用策が増えた。
クリックすると元のサイズで表示します←BBCより
dartmouth
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ