Jack the Ripper  社会

EnglandSuffolk州州都Ipswichでは、この10日間で、売春婦と見られる全裸の女性5人の遺体が相次いで見つかった。
事件が短期間で相次いでいることと、犯人がまだ逮捕されていないことから、さらに犠牲者が出るのではないかと地元住民は不安を募らせている。
1888年に8月31日〜11月9日の2ヶ月間に、LondonEast EndWhitehall地区で売春婦5人をバラバラ殺人にした「切り裂きジャック事件」を連想させる。
この事件はすでにに100年以上も経っているため、真相は闇の中である。

◆「切り裂きジャック」事件 1888年、ロンドンで少なくとも売春婦5人が次々とのどを切りつけられて殺された事件。「切り裂きジャック」を名乗る手紙が新聞社に送りつけられ、犯行を予告するなど英国全体が大騒ぎとなった。結局、犯人は逮捕されず、王室関係者説、医師説など様々な憶測を呼び、映画や本の題材になっている。最近でも英民放テレビが「切り裂きジャック」のモンタージュ写真を公開し、話題になった。(Wikipediaより)
画像はロンドン市内の公衆電話ボックス。
日本と同じようにいかがわしい広告が。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ