月と妊娠・出産の関係  

「人間は受精した時の月齢とほぼ同じ月齢の時に産まれる」

以前より月の満ち欠けと人体の関係に大変興味があったが、「こよみのページ」
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm
を読んでますますその関係性に確信をもった。
潮汐力は地球上の全てのものに加わる力で、生物もこの影響を受けているというバイオタイド理論は多数の研究者によって提唱されている。
「HOW THE MOON AFFECTS YOU」を書いたAL.リーバー博士は、月経周期や妊娠期間、出産時期などと月齢との関係を研究し、多くの見解を発表している。
中でも、新月および満月時には、他の時期に比べて出産が約1割程度増加するということには興味をひかれる。
そしてそのことに関してこの本の翻訳者である数学者藤原正彦お茶の水大学教授が日本でもこの傾向があることを確認している。
新・満月当日は出産は減少気味で、出産のピークは新・満月の1日前と3日後にあるそうだ。
私にあてはめて考えると、出産は4月2・6・16・20日のどれかなのだろうか?????
また発表します
画像はSt.Ivesのbeach。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ