これからの日本の学校(コメント紹介)  学校と教育

この度は、当blog宛にいただいたコメントを記事として投稿させていただきます。(コメント欄では目立たず、もったいない!)
文科省は、H16年度「地域の皆さんの声に応える新しい学校づくりのために、学校運営協議会(コミュニティ・スクール)、導入の制度を法制化しました。
アメリカ型の所謂組合学校であるチャーター・スクールは、日本の風土と歴史からしても導入が難しく、結局イギリス型のコミュニティ・スクールを取り入れました。
内容は、学校運営協議会(地域・保護者・等から選出)が学校運営のバックアップ機関として機能し、学校運営ガイドラインの承認・人事についての意見具申等、法的な権限が与えられています。(学校評議員とは全く違う)。
また、校長・教員の公募制・コミュニティ・ファンドの取り入れ・校長権限の拡大等…。
地域全体で学校を支え・育てていくという精神に基づいた制度であろうと思いますし、まさに今後の教育改革の支柱であり、これからの新しいタイプの学校運営の在り方であると考えます。
この制度化権限は市町村教育委員会です。
国の緊縮財政の中でも予算が確保されている制度ですので、今後の教育制度や教育論の議論の背骨になると考えます。
クリックすると元のサイズで表示します
中央審議会の今後提案されることは、「義務教育における全国共通テスト」「教員評価」・「教員免許更新制度」です。
共通試験は英国サッチャー政権時代の教育施策を日本のモデルとしていると認識しておりますが、各学級の支援活動の充実については、先進国の共通の取り組みとしてどうも国策として取り組まれているようですね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ