「バイバイ」に時間のかかるイギリス人  社会

イギリス英語はその語彙の豊富さはすばらしいが、イギリスの社会や文化を紹介する「The How To Be BritishMartyn Ford & Peter Legon著)」では、イギリスの人は出会ったときも別れるときも、使う表現や動作を選ぶのに苦慮するということが紹介されている。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
これだけでもかなりたくさんの「別れの時のあいさつ」が紹介されている。
ちなみに私が好きなのは"Cheerio"
ta-ta」というのは幼児語で「バイバイ」のことである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ