イギリスの水  食べ物

イギリスで「水」というものに対する意識は日本のそれとはやはり違うことを実感した。
飲食店で気軽に「水ください」とは言えないからだ。
St.Ivesのレストランで"Water, please"と言うと、"Tap water?(水道水)"と確認された。
そして水道水をお願いすると、店員さんは怪訝そうな顔で冷えていない水を持ってきた。
ミネラルウォーターを買ってよ、と言わんばかりに。

私は当初ヨーロッパの水は硬度が高いためイギリスの水は飲めないだろうと思っていたが、私の暮らしたJOCというaccomodationではtap waterは飲用可であった。
硬水は硬水であるが、意外と違和感が少ない。
この水で日本のインスタントラーメンも作ったし、お湯でインスタントみそ汁も薄めた。
だがやはり日本の水道水も煮沸せずには絶対に飲まない私は、飲み水はボトルドウォーターにしていた。
物価が高いので毎日ウーロン茶やアールグレイを水筒に作っておいて飲むことが多かったが。。。

イギリスのミネラルウォーターは、おいしいものがたくさんある。
有名どころではボトルの美しいTynant Spring Water、ウォッカの割水・チェイサーに適すると言われるDeeside、一流ホテルやレストランのシェフがすすめるHildonなど。
美味しかったのはロンドンのノボテルホテルの会議室で出されたビン入りのお水。
stillsparklingも出されたが、私はstillでなくsparklingがお気に入り。
ライムなどフレーバーつきのものがとってもおいしくて、ひとりで2本飲んでしまった。たしか750mlか1リットル入りだった。。。
この商品の名前がわからない。ずいぶん探してみたが。。。
知っている方、教えてください

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ