ゴミの分別  社会

毎日紙おむつのゴミの量がとても多い。
「燃やせるごみ」の袋がずっしりと重たい。
うちの子ひとりだけでもものすごい量なのだから、日本中の紙おむつごみは相当な量だ。
私の同僚の女性のように本当は布おむつを使用したほうがよいのだろうが、腰や背中の痛みが辛くて洗濯の労力に自信がない。。。
さて当たり前であるが、イギリスでもbabies nappiesはもちろん「燃やせるごみ」である。
資源ごみの分別方法も日本とほぼ同じであるが、アルミホイルが資源ごみとなっているのが私の住む自治体での方法とはことなる。
こちらはGreen Binの表示。
"Yes Please"なごみと"No Thank you"なごみとなっている点がキュートだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ