デボン州出身の大物  

8月始めにHMVで、何気なく一枚のCDを買った。いわゆる「ジャケ買い」。
クリックすると元のサイズで表示します
だが、このCD、とてもいい!"SMORKY,SOULFUL AND UTTERLY EFFORTLESS"とか、"AUTHENTIC, STIRRING, SENSUAL"という評価があるように、いろいろな魅力がつまっている。
後で分かったことだが、彼女は17歳でデビューした、クロい声の持つ白人ソウル・シンガー、ジョス・ストーン。
イギリスドーバー生まれで8歳の時にデボン州に移住。14歳の時にBBCのオーディションを受けて合格。
THE ROLLING STONES北米公演3公演のサポート・アクトも務めるほどの実力の持ち主だったのだ。
18歳で今やセレブ人生を突き進むなんて、すごすぎる。
やはりデボン州は偉大だ。
0

 

野外劇  文化

少し前のことになるが、Exeter中心部の公園に野外劇を観に行った。
シェイクスピアの作品の中で最も短い作品である、The Comedy of Errors (1593-94) という喜劇だ。
私は後ろから2番目の席だ。
クリックすると元のサイズで表示します
画像のように、舞台はとても雰囲気が良かった。
が、しかし問題が。。。。
劇が全く理解できない。。。。
おおまかな内容さえも。自分は一体どうしたのだろう。
私はあまりに理解できないので、目をつぶって台詞の聞き取りに集中してみた。が、やはりだめだ。いっそう分からない。
休憩になった。一緒にいった日本人も、「私もわからない。他のイギリス人の話していることはすべて理解できるのに、なんでだろう。」と言っている。
すると、知り合いのイギリス人が、「私たちも細かいところまでは理解してないんだけど、大まかな内容はね、…」と概要を説明してくれた。
説明によると、この劇は2組の双子によって生じる誤解を描いた喜劇で、役者さんのうち2人が一人二役をしている。
役者さんは観客にわかりやすいよう、帽子とネクタイの色を、演じる役割によって変えてくれているとのことだ。
概要も知らず、おまけに目を閉じていて役の変化もわからない、そのせいで私は全く理解できなかったのだ。
後半はおかげで理解ができた。
これからは劇やミュージカルを観る前にはその作品を読んでおこうと思った。
0

 

イギリスの美しさ  風物

イギリスは美しい。(路上のゴミを見ないようにして…)
街並み、空、山は特に日本のそれとは大きく異なる気がする。
地震がないため、教会など昔の建物がそのまま保たれている。
terracedと呼ばれるお隣同士がくっついた家屋が連なっているが、統一感があってとても素敵だ。
それらの家は長年塗装をし直したり、壁紙やカーペットを換えたり等きちんとmakeoverされて人々に住まわれている。
また、空は圧倒的に日本の空よりも広く感じる。
山も、というか丘も広々として牛や羊がたくさんいて何とも牧歌的な風景だ。
汽車(電化されていないので)に乗ると、車窓から見える一瞬一瞬の景色がひとつひとつの絵画のようで、とても癒される。
植物は生き生きとして、特に夏の間は日照時間がとても長いので、このように美しい花々が咲き誇っている。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ