蒸気機関車  乗り物

またまた乗り物シリーズ。
今度はDartmouthで見かけたlocomotive。
Great Westernのグリーンのもの。
船とのマッチング、トンネルに入っていく様子がとても素敵だ。
私の住む街にはかつてある公園にSLがおいてあった。
そこで友だちと機関車ごっこをするのが大変好きだった。
今は撤去されていて大変残念だ。。。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

St.Ivesのトイレ  風物

あまりこのblogをまめに更新しない私であるが、アクセスカウンターを見て驚いた。
結構な数の人が見てくれている。
昨年は日に6・7人という感じだったか、最近は10人を必ず越えるようになった。
しかも総アクセス数は2000を上回っている。
いつもチャーミングなIさん、ダンディなIさん、物知りのFさん、クールなTさん、名古屋のTさんはコンスタントに見てくださっていて本当にありがたい。
この場をお借りしてお礼を言いたいと思います。
「いつも見てくださってありがとうございます
まだまだアップしたい画像が山のように溜まっています。
すこしずつ更新して行く予定です。
他の皆様も今後ともよろしくお願いいたします

おっと、この記事のタイトルはトイレだった。
St.Ivesの普通のカフェで一休みすることになったとき、2階の広いテーブルでお茶したが、近くのトイレの戸を開けてビックリ。
なんと壁一面に落書きが。しかもチョークが備え付けられている。
利用する人が思い思いにメッセージを残しているのだ。
さっそく私も・・・と青いチョークを手に取った。
英語ばかりで書かれているから目立つように漢字で書こう。
今もまだ残されているのだろうか。
私の「愛」・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

5年目の9.11  社会

ニューヨーク同時多発テロから5年。
今でも身体的・精神的に苦痛を訴えている人が多く存在している。
今年イギリス・ヒースロー空港ではテロ未遂事件があり、ロンドン警察が見事容疑者を逮捕している。
私が去年イギリスから帰国したのはなんと9.11。
滞在中ロンドンの地下鉄でblastがあり、同じhammersmith線を利用したこともあった。
「こんな日に飛行機乗るの〜!!!」と不安でいっぱいだったが、あらかじめ決められたプログラムで団体で行動しているのだから仕方がない。
機内は画像のように空いていた。
クリックすると元のサイズで表示します
荷物も、通常なら大きなトランクと手荷物だけなのだが、この日はトランクの部類に入る大きめのキャリーバッグも預けることが許された。
かなり席が空いていたので、座席を移動して席を3つ使って寝ている人が結構いた。
そういう意味では良かったが、やはり無事に日本に帰着するまではしてもしょうがない心配と不安が付きまとっていた。
こちらは9.11の機内夕食。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

漫画  文化

日本のアニメや漫画は海外でも大人気だ。
今日NHKBS−1で放送していた「クール・ジャパン・スペシャル」では、フランスで日本文化が脚光を浴びていて、漫画はフランス人に大人気だということが紹介されていた。
コナン、ナルト、バカボンドなど日本でも現在大人気作品があまり遅れることなくフランス版で発売されている。
イギリスでも日本のアニメや漫画は人気があるようで、書店には必ずコーナーが設けてある。
こちらはExeter市内の書店のコーナー。
日本のアニメのDVDがずらりと並べてある。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

こんなところにカボチャ?  芸術

何だろう?あれは!
クリックすると元のサイズで表示します
でっかいカボチャだ!
ご存じの方もたくさんいることだろう。
こちらは長野県出身、草間彌生さんの作品「Punpkin(1994-2005)」である。
先月香川県直島町のベネッセアートサイトを訪れた際に撮影した。
なぜこの作品のことを記事にしたのかというと、昨日、優れた芸術の世界的な創造者たちを顕彰する「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・財団法人日本美術協会)の第18回受賞者、5部門5氏が決まり、絵画部門で日本人女性初としてこのカボチャの制作者の草間彌生さんが選ばれたのだ。
ニュースを見ていて「カボチャの人だ!」ととても驚いた。
草間さんは少女時代の幻視・幻聴体験をもとに、10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに絵を描き始め、水彩、パステル、油彩などを使った幻想的な作品を制作し続けている。
活躍は国内にとどまらず、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど幅広く活動しておられるそうだ。
画像を撮影した日にはちょうど台風が来ており、この後この作品にはシートがかけられ、土嚢がくくりつけられていた。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはベネッセハウスから見える景色。こちらも芸術だ。
0

 

story tellingの広告  乗り物

St.Ivesは本当に景色が美しい。
海岸で海を眺めていると時間の経つのを忘れそうになった。
と、可愛い自転車を発見!
よく見るとstory tellingの案内であった。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこちらは横浜中華街、並んで入った「金福楼」さん前に停めてあった自転車。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

防災の日  

日本では9月1日は「防災の日」とされている。
地震や津波、洪水等災害に備えてさまざまな訓練や学習会等が催されている。
イギリスには地震や台風はない。
ロンドンっ子の友人は震度3の地震があった翌日、びっくりして「私が日本に来てからひどいことばかり!」と日本で体験した台風や地震について、また冬の大雪について嘆いていた。
彼女にとって地震は生まれて初めての経験だったようだ。
私たち日本人にとっては地震や台風、異常気象は慣れっこで、あらためてイギリスの災害の少なさを感じた。
画像はSidmouthの海辺に立つB&B(Bed & Breakfast)。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ