赤ちゃんポスト  社会

私は今妊娠32週目。
かなりお腹が大きくなってきた。
さて、議論になっている「赤ちゃんポスト」だが、やはり私にとってもいろいろと考えさせられてしまう存在である。
中絶や赤ちゃん遺棄の抑止力になりうるとも考えられるが、まず中絶や遺棄が依然として後を絶たないということに目が向く。
生活的・経済的・社会的・精神的・性的自立を果たしていない状態で避妊をせず性交するということについて、社会全体で改善していくべきではないだろうか。
一つのいのちの誕生をおろそかにする傾向が、他人のいのちを尊重しないいじめの増加とも関連しているように思えてならない。
いのちの尊さについて今一度考えたい。

↓用語「赤ちゃんポスト」解説
親が養育できない新生児を受け入れるシステム。熊本県の医療法人・聖粒会が運営する慈恵病院が導入を発表したもの。人目につきにくい病院の外壁に縦45センチメートル、横64センチメートルの穴を空けて、開閉できる扉を設け、36℃に温度管理された特製の保育器を置いておく。育てられない親が新生児を入れるとその重さでセンサーが感知し院内にブザーで知らせる。そのブザーとともに助産師らが駆けつけるという仕組み。監視カメラはつけず、「もう一度、赤ちゃんを引き取りたいときには、信頼して、いつでも連絡してください」といった手紙を置いておくという。ドイツ・ハンブルクに先例があり、キリスト教系の社団法人が2000年から設置し、70か所以上に広がっている。同病院では「赤ちゃんポスト」の設置理由について、「望まれない子供」がいることと、若年層の中絶防止を挙げている。
[ 新語探検 著者:亀井肇 / 提供:JapanKnowledge ]

画像はロンドンのノボテルホテルで見かけた、抱っこをするお父さん。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ