ひな人形  風物

娘の初節句のためのひな人形を探した。
初めはケース入りで15人揃いのものがよいと思っていた。
しかしケース入りのものは人形の質がおちると聞き、収納飾りにすることに。
だが、実際に主人と見に行き、収納飾りで段のあるものはやはり人形が小ぶりで、衣装やお道具なども今ひとつな感じがして結局3段飾りにすることにした。
5段や7段になると、「出すのもしまうのも大変で、ひな人形を飾らなくなる場合が多い」と人形店の人に言われた。
3段飾りと言っても大きさはまちまちであったが、主人が「賑やかな方がいい」と言うので大きめのものにしぼることにした。
H店では台がけやきのものが人形の顔・衣装がよく気に入った。

後日スポンサーである母と同じH店に行ったら、母は3段飾りでも台が家具調のものは好まなかった。
「お雛さんは毛氈がないと!」と言うのだ。
それで母が選んだのは台は檜で毛氈が敷かれており、衣装が本着せのもの。
人形の質は良い。
店員さんの説明では段飾りの台が高いそうで、屋久杉を使ってあったり、漆塗りでプラチナが入っていたりすると値段がぐんとあがるそうだ。
母が選んだものは檜の台の組み立てはとても簡単で、収納に場所をとらない。
何と言っても人形が豪華なので華やかな感じだ。

私のひな人形はケース入りの5段飾りで、今では5人囃子の髪の毛が逆立ってパンク系になっている・・・。
娘は何と幸せ者だと思った。

画像はエクセターで売られていた日本製のこけし。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

ガールスカウト  学校と教育

先日、駅で可愛らしい子どもたちを見た。
就学前だろうか。
制服を着て一列に並び、皆真剣な表情で指導者の話を聞いていた。
ケーキを買ってまた駅前を通ったら、子どもたちは募金のよびかけを行っていた。
ボーイスカウトとガールスカウトの子どもたちだと思われた。
彼らの様子を見ていると大変好感がもて、娘(現在7ヶ月)にも本人が希望すれば入団させてもいいと思った。

ところで調べてみると、やはりガールスカウトのはじまりはイギリスだった。
1908年、軍人であり作家のロバート・スティンブンソン・スミス・ベーデン=パウエル卿(Robert Stephenson Smyth Baden-Powell通称B−P)によってボーイスカウト運動が始められ、妹のアグネス・ベーテン=パウエルがガールスカウト(名称はガールガイド)を始めたのだそうだ。
その後、BPの妻オレブ・ベーデン=パウエル(通称レディB−P)によって運動が引き継がれたそうである。

「ガールスカウト」はこのイギリスのガールガイドにならって1913年にアメリカでつくられた女子訓育団体を指すらしい。
ガールガイドを日本にもたらしたのは、英国国教会から日本聖公会に派遣された宣教師ミュルエル・グリーンストリートという人物なのだそうだ。
マドンナとヒラリー・クリントンがガールスカウト出身だと知って驚いた。
画像はガールスカウトアジア大会記念切手。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

Bath Abbeyのステンドグラス  建物

アメリカから注文した名刺が出来上がって送られてきた。
やはり印刷代・用紙代が無料だけあって、画面上で確認したものよりあまりできばえは良くない。
色が全体にくすんだ感じになっていて残念だった。
以前の記事で、この名刺に写真を載せたことを書いたが、私が背景に選んだのはBathAbbey内、一番奥にあるステンドグラスだ。
Bath Abbey内には他にもステンドグラスはあるが、どれも本当に美しく、見ごたえがある。
ちなみに、原型を留める最古のステンドグラスは、ドイツ南部バイエルン州のアウグスブルグ大聖堂にあるそうだ。
イギリスでは10万枚以上のガラス片が使われている、ヨーク大聖堂(York Minster)のステンドグラスが最大級だそうだ。
ではBath Abbey内のものを3連発。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ