イギリス製の針  

友人のHちゃんはとても器用で、携帯電話やティッシュ、ビデオカメラのケースなどちくちくと上手にハンドメイドしている。
特にビデオカメラケースは、裏を返してもどこにも縫い目が見あたらないほどの完璧な出来。すごすぎる。

そんなHちゃんに触発されてか、最近かつての手芸欲がむくむくと湧いてきた。
小学2年で人形を製作してから、小学校時代は常にいろいろなものを作っていた。
大高輝美さんのマスコット人形などは一日に数個製作するほどの熱中ぶりだった。
ビーズやキルティングバッグ、巾着袋、刺繍、かぎ針編みなど、やり出すと止まらなかった。
30歳ごろはデニムのリメイクとチュニックづくりにはまり、高額のミシンを買い込んで作るほど熱中していた。

しかしそれ以後全くそんなことからは遠ざかっていたにもかかわらず、娘が使うものなどを手作りしたいと考える今日このごろになってしまった。
食べ物は手作りの方が安心だからといろいろ手作りするようになったせいかもしれない。
また、ヤフーオークションには丁寧に作られセンスの良いハンドメイド作品が安価で(人気のものは値段が高騰することもあるが)出品されており、そうした作品を見て刺激を受けたというのもある。

先日早速手芸店に行き、パッチワーク用の針を購入した。
確認して購入したわけではないが、家に帰ってよく見ると、なんと英国製。
なんか嬉しかった
ちなみに隣の携帯電話ケースはオークションIDbn89yuさんの手によるもの。
とっても丁寧なつくりで、手に取るとシアワセな気持ちになれる
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

ヘアサロン  文化

10日に髪を切った。
久々のショートカット。
長年お世話になっているゴッドハンドTさんに藤原紀香ヘアをオーダー。
頭の形はもちろん、顔立ち・体型がまるっきり異なる彼女のスタイルをお願いするのに恐縮したが、これまでにも有名人の写真を持ち込んでは無理難題をお願いしいつも実現してもらってきたので今回も図々しく相談してみた。
Tさんの丁寧な説明と高い技術に今回も感動
世間話をしながらもいつのまにか紀香ヘアが実現されている!!
洗髪しても自分でスタイルが再現しやすいし、意外にもアレンジがきくのでとても気に入っている

ところでロンドン子の友人に聞くと、イギリスのヘアサロンは日本のようにきめ細やかなサービスはないそうだ。
カットやカラーもすごくラフなのだそうだ。
だから彼女は低価格で技術・サービスの良い日本の美容室はとても気に入っている。
私はエクセターにいる間にTONI&GUYのサロン前を通りかかり、1度くらいは行ってみようかと思ったが、料金が高いしなんとなく不安で髪が伸びても行かなかった。
ちなみにエクセターのTONY&GUYはQueen Streetの83番地。
こちらのサイトでエクセターの美容室が検索できる。↓
http://www.accessplace.com/hairdresser/devon/exeter.htm
画像はタッソー蝋人形館で出会ったトム&ジェニファー。
クリックすると元のサイズで表示します
1

 

シャーロックホームズは実在の人物?  社会

時事通信のニュース(2月4日付)で、イギリス国民の約60%がシャーロック・ホームズは実在の人物だと考えていると知って驚いた。

UKTVゴールドの3000人を対象に行われた調査では、この他に23%の国民がウィンストン・チャーチル元首相を架空の人物だと考えていることや、47%の人がリチャード獅子王が想像上の人物だと思っていたり、23%がフローレンス・ナイチンゲールは実存しなかったと答えている。
英国で最も有名な文豪の一人、チャールズ・ディケンズや、インドの政治指導者マハトマ・ガンジー、ワーテルローの戦いでナポレオン軍を撃退したウェリントン公も架空の人物だと思われているらしい。

歴史の苦手な私でも、中学校のときに歴史の授業で見せてもらったチャーチル元首相のピースサインの映像を覚えていて、こういう間違いはしないが・・・一体どのような年齢層を対象に調査をおこなったのだろうか???
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

タバコの自動販売機  社会

日本では今年3月より順次、タバコの自動販売機が「成人識別タバコ販売機」に変わる。
自動販売機でタバコを購入する際には成人識別カード(Taspo)が必要となるのだ。
自販機のオレンジの枠のところにICカードの読み取り装置が搭載され、購入の際にはこのカード読み取り部に「taspo(タスポ)」をかざし、成人識別を行うらしい。

このICカードには、氏名・会員番号・顔写真が記載される。
ICカードは、中にICチップ(集積回路)が内蔵され、偽造や変造が困難で最も安全なカードとされている。
その他にも、『機能の追加が可能』(電子マネー機能)、『簡便性の担保』(従来の購入方法にカードをタッチするだけ)、『反応が早い』(タッチした瞬間に識別)、『安定した稼動』(カード差込式ではないので故障の可能性が低い)など、ICカード方式は様々な観点から判断して、総合的に優れているそうだ。

必要書類とともに申込書を郵送すると2週間ほどでカードが発行されるとのことだ。

私は喫煙者ではないので申し込む必要全くないが、タバコについて興味があるのはタバコが嫌いなせいかもしれない。

イギリスでは滞在中街中で自動販売機を見かけることはなかった。
エクセターHigh Streetでは「角のタバコ屋さん」でタバコが売られていたことを思い出す。
防犯上なのかわからないがパブやホテル等に設置され、街頭で見かけることはなかった。

しかし日本の店頭でタバコを購入する場合もTaspoの提示を義務づけるとよいと思う。
ちょっと大人びた10代は簡単にタバコを購入できそうだ。
画像はエクセター大学に設置してあったスナックとソフトドリンクの自販機。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ