乳腺炎さまさま  食べ物

私は今まで油を使う料理をほぼ毎食食べ、糖分をかなり多く摂取していた。
そして美味しいものを欲しいだけ食べ、足らない栄養素は補助食品で取るというてきとうな食生活をしてきた。

しかしこの度の乳腺炎で自分の食生活を見直さざるをえない状況になった。
母乳育児をしている以上、自分が口にしたものはダイレクトに娘の体内に摂取される。
栄養が偏ったり、化学物質など体に悪いものを摂取するとたちまち娘の体調や私のおっぱいの状態が変わるのだ。

娘が頭や顔をときどきかゆそうに手でひっかくが、これも母乳の質の影響が大きいのだそうだ。
相談に行った助産師さんは、今私が食生活を改善すれば、赤ちゃんなら3ヶ月ほどで体質が変わると言っていた。
4歳くらいの子どもになると、体質改善には4年以上かかるらしい。。。

早速和食中心の食事に切替えた。
そして、なぜ日本人には昔ながらの食事がよいのかということも数冊の文献からわかり、そこから派生して「食品添加物」や「有機食品」にも目が向くようになった。
自分や家族のいのちを守るためにこれからは「食の安全」について無頓着ではいられない。
このような分野にまさか目が向くとは思いもよらなかった。
乳腺炎さまさまだ。
クリックすると元のサイズで表示します
画像は本日の夕食。
急に淡泊になった食事ではいまいち満足感が得られないかもと思い、主人には「芳純どり」を付けた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ