閉鎖された産科  社会

昨日私が出産した病院の産後ヨガで知り合った方々と「自主ヨガ」で集まった。
場所は病院のレディース病棟の和室。
だが、この病院のレディース病棟は今年から閉鎖され、入り口には無骨な南京錠が掛けられていた。
詰所は画像のようにがらんとした状態。
クリックすると元のサイズで表示します
先月とはうって変わって閑散としてしまった・・・。
以前の記事でも触れたが、3名いた医師のうち2名が転勤、留任の医師は家庭の事情で一人ではお産の対応ができないということで一気に産科廃止の動きになってしまった。
私が出産した分娩室もごらんの通り。
私が仕事復帰したら自主ヨガ参加も難しくなるだろうから、ここに来られるのもあとわずだと思うともの悲しい。
産科の医師不足・待遇改善、そして全国の産科の存続と増加を願っている。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ