greasyな食事  食べ物

当然のことだが、店によって同じ料理でも味が異なる。fish&chipsでも特にfishの味が店により異なる。(たいていはあまり味がついておらず、添えのタルタルソースやモルトビネガーに味付けを委ねている感じだが)
しかし「概して」イギリス料理はgreasyだ。閉口したのはtraditonal English Breakfast。トーストにベーコン、ソーセージ、スクランブルエッグ、ビーンズ、トマト、マッシュルームがそれぞれすべてたっぷりの油で炒めてあり、chipsももちろんたっぷりついている。
ロンドンのWaterloo駅でこれを注文したところ、「今ソーセージをきらしているから代わりのものをつける」と言われ、何が代わりにつけられるのだろうと期待していたら、chipsが倍増してあった…。
イギリスではとにかくchipsが添えてあるような気がする…。
クリックすると元のサイズで表示します
あと、友人は「イギリスって店で出す料理と、家庭で作る料理とあまり差がないよね〜」と言っていた。
彼女曰く、「今イギリスは日本の料理人を招いていろいろな食材の調理の仕方を研究している」のだそうだ。
イギリスの食材は卵、魚、肉をのぞいてとてもおいしいと思う。野菜は味が濃く、トマトやじゃがいもは特においしい。
もう少し油分を減らし、繊細な味付けになるとイギリス料理も世界的に好評になると思うのだが、そうなると「イギリス料理」らしくなくなるのかもしれない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ