いじめ  学校と教育

the problem of bullying in schools...
13歳の大河内清輝さんが愛知県西尾市でいじめを苦に自殺したのは平成6年のことだった。
その当時も相次いで少年少女がいじめを苦に自殺したことは記憶に新しいが、この度も連鎖反応と呼ぶべきか、少年少女の自殺が続いている。
先日いじめ問題に関して調べているうちに、ある方のブログに偶然たどりついた。
GK68's Redpepperというブログだ。
そこには、『週刊メールジャーナル』(2006/10/18 No.356)で気になる記事があったと記してあった。
メルマガを編集発行している川崎氏の記事で、「いじめによる自殺報道は学校社会の本質を見ていない いじめのない学校なんてあるはずがない」という題で、「いじめというのは学校のみならず、人間の本能である。したがって学校ではいじめは当然のこととして教師は対処しなければならない」、「つまりは、自己の生存権のために、魚類や野獣が、自分の縄張りを守るために他者を追い出そうとたたかう本能と、ほとんど同じ行為なのである。」とあったそうだ。
このGK68's Redpepperというブログを書いておられる方のコメントは実に的を射ている。
「縄張り争いをする動物がいるといっても、相手を殺すまでには至ることはない。ましてや、生物界において最も知能の発達した人間が、なぜ縄張り争いをして、相手を死に至らしめる必要があるのか。そもそも、川崎氏は、「本能」などという言葉を簡単にヒトに使っているが、ヒトほど本能から遠ざかった、あるいは本能という呪縛から解き放たれた生物はいないのではないかと考える。それは、高度に発達した知能だけがもたらすことである。 つまり、いじめの発生と撲滅とは、この高度に発達した知能をもってすれば、かならず解決できるはずである。逆に、もし、川崎氏のいうように「縄張りを守ろうとする」ような本能がヒトに存在するなら、ヒトはもっと動物的であっただろう。つまり、ヒトの主な行動は他の動物と同様に、食欲という自己の保存と、性欲という種の保存のみに。もっとも、そうであったなら、いじめの問題はおろか、環境問題もエネルギー問題も、さらには同種が殺しあうという戦争の問題も存在しうるはずもなく、その方がよかったのかもしれないが。
私もこの方の意見に同感である。
「いじめはなくせる」。
また、12年前、タレントの反町隆史さんが、めざましテレビで「いじめられる側にも原因がある」ととうとうとのたまわっていて呆れたが、いまだに「いじめられる方にも悪い点がある」という考え方は根強く残っている。
そして、「やり返すだけの強い心をもて。」・・・どうしてこういういじめを科学的に捉えない発言が相次ぐのだろう。
いじめは何も「弱い子」だけがうけるものではない。そして、特段の理由がなくとも勃発する。また、しっかりした子ども(大人の場合でも)でも、精神的苦痛に耐えられず、エネルギーをなくしてしまうのだ。
一時の流行や騒ぎで終わり、喉元過ぎればまたいじめ問題が軽視されることのないように、常に考え話題にしたいものである。
画像はCountess Weir Combined Schoolに掲示してあったゴールデン・ルールの一部。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

変わりつつあるExeter Univ.  学校と教育

今日のニュースで、エクセター大学のHeavitree RoadにあるSt Luke'sキャンパスが一部売りに出されるようだ。
エクセター大学は、Streatham Court Campusと、St Luke's Campus、そしてCornwall Campusより成る。
St Luke's Campusでは1854年より多くの教育実習生が学んできており、何千人という施設利用者には狭すぎるというのが理由のようだ。
将来大学の拡大に向けての計画のひとつでもあるらしい。
St Luke's Campusの使用はクリスマスまでに終わるそうだ。
St Luke Campusが360度のイメージ画像で見られるサイトはこちら。↓
http://www.exeter.ac.uk/virtualtours/stlukesbroadband/index.shtml
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

教育基本法  学校と教育

国会では、教育基本法改定の動きが進んでおり、早期成立がねらわれている。
「なぜ今教育基本法改定なのか?」
「教育基本法とはそもそも何なのか?」

慌ただしい日々の中、こうしたことを立ち止まって考えることなく過ごしてきた。
しかし今日立ち止まって考える機会があった。

われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。…

これは教育基本法の前文の一節だが、教育基本法は、平和憲法で示される理想を実現するために制定された教育の憲法である。
なぜこれを今改定するのか?
改定案は、教育基本法前文中の「真理と平和を希求」という部分が、「真理と正義を希求」となっている。
これは、日本国憲法第9条の改定をもくろむ動きとリンクするものではないのか????

「トップダウン」式で物事が進んでいくことがあまりにも常態化していて、私も相当感覚が麻痺しているが、今一度立ち止まって考えなければ、そして平和と民主主義を守るために行動しなくてはならないことがたくさんあると感じている。

画像はCountess Weir Combined Schoolでの歌の発表の様子。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

学校給食その2  学校と教育

今朝のニュースで、イギリスの学校給食についての改革と現状が伝えられていた。
小学校で学校給食に費やす支出は、一人あたり47ペンス(2005年・平均)が今年は51ペンスになるらしい。
お菓子の自動販売機を撤去したり、学校によってよっては朝食も給食として出すなど、子どもの食事と栄養改善に目を向け、本格的に教育の質を向上しようとしている。
朝食も給食を実施している小学校の教師は、導入してから子どもの学習への集中力が高まったと報告していた。
しかし、学校で密かにお菓子を売る子どももいるらしい。。。
(見つかると厳しい罰則アリ)
給食の中身が変わっても子どもの食生活はまだ当分変わることはなさそうだ。
栄養や食に関する教育の改善が望まれる。
画像はCoutess Weir Combined Schoolの先生と児童たち。↓
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

授業をサボる生徒  学校と教育

イギリスでは学校の授業をサボる中学生が増えているらしいが、デボン州では罰則や警察との共同パトロールにより、昨年に比べ授業をサボる生徒が少なくなったそうだ。
デボン州のsecondary school全体の生徒の出席率は93.5%とのこと。
保護者への働きかけも熱心に行われているようだ。
学校の教育活動の見直しは行われているのだろうか?
子どもたちが受けたくなる授業、通いたくなる学校づくりに関してはどうだろうか・・・?
画像はBrixham Community Collegeのスペイン語の授業の1コマ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

悲しいニュース  学校と教育

11月21日のExpress&Echoには、Westexe Technology Collegeの生徒が地域住民に迷惑をかけているというニュースが載っていた。
彼らの行き過ぎた行動で、安心して暮らせない住民が増えているのだそうだ。
この現象は4年前からあり、最近はさらに悪い状態なのだとか。
スクーターを乗り回して歩行者を通らせなかったり、他人の家の前に座って飲酒・喫煙をし、居住者に対してひどい事を言ったり窓から中を凝視する生徒がいるとのこと。
学校の職員もいろいろな策を講じているらしいが、なかなか難しいようだ。
私も汽車に乗ったとき、若い学生のマナーの悪さに憤慨したことがある。
向かいの座席に土足のまま足を投げ出して座っていた女の子、携帯電話で大きな声で喋っていた男の子…
そういえば小学生くらいの男の子が大きな音でゲームをしてるのに、隣に座っている親が注意しなかったこともあった。(結局私が彼に注意したが)
でも若者だけがマナー知らずではない。大人も結構ひどい。
「他人のことを気にしない」のはイギリス人の特徴であるが、大人のこうしたマナーの悪さを改善し、子どもたちに正しいことを教えていかないとこうした問題はなかなか解決されないのではないかと感じた。
日本でも同様に…。画像はロンドンのPaddinton駅構内の様子。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

学校給食  学校と教育

イギリスでは料理家ジェイミー・オリバーによる強力なキャンペーンの後、学校給食の栄養的な質についての話題が、選挙問題に発展したらしい。
給食という学校教育の1つの小さな分野にもかかわらず、政府は選挙運動の中、学校給食の新しい栄養基準を設けるための機関を設立するなど、大変熱心に教育問題に取り組んでいる。
イギリスでは、子どもたちがジャンクフードを多く摂取する傾向から、反社会的な行動や学力の低下など、さまざまな問題が起こっていると指摘されている。
貧富の差が激しいため、特に公立の学校では学校給食の担う役割は大きいのだろうか。
最近の日本政府はとにかく景気回復にのみ焦点をあてていて、公教育を軽視し教育予算を大幅に削減している。
日本はイギリスの教育政策を多く取り入れていると聞いたが、もっときちんと良い点を取り入れてほしいと思う。
「たかが給食」だが、そこから生じる大きな問題にメスを入れていく姿勢は大いに見習ってもらいたいと思う。
画像はCoutess Weir Conbined Schoolのcanteen。
おかずやデザートが選べ、美味しかったー!!
ちなみに給食は希望制で、手弁当もちの子どももいる。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

 

リビアの英語教育事情  学校と教育

国から派遣されて研修に来ているリビアの英語教師8人と、リビアと日本の英語教育についての共通点と相違点について話し合った。
私が話を伺ったのは、Preparatory Schoolという日本の高校にあたる学校に勤めるフィトゥリ氏。彼は44歳で教職経験が長い。彼の英語はアラビア語訛りが強かった。
リビアでも小・中学校で教える外国語は主に英語であり、生徒は教科書を使いながら12歳から英語を学び始める。だが、生徒は日常的に英語を使わない生活なので、英語学習に対して意欲があまりないようである。
大きな相違点は、ALTなどネイティヴスピーカーが国内にほとんどおらず、リビア国内での英語教育はリビア人によってなされている点である。トリポリ国際空港からイギリスまで4時間弱で行けるが、教員はあまり海外には行かず、国内で英語を勉強しているそうだ。
リビアでは1ポンドが2.40ディナールで、教員の月給は経験年数によって異なるが、300ディナール程度である。物価が大変安いので、教員の待遇はかなり良いと言える。
英語教授法はダイレクトメソッドを心がけているが、生徒の習熟度等に応じてアラビア語で授業を進めることがあるようである。
入試はなく、年に2回(年度半ばと年度末)試験があり、その結果により次に進む学校が決められる。
日本の英語版学習指導要領や教科書を見せたりしながら日本の英語教育について紹介したが、リビア国内での英語教育のレベルと日本のそれとはずいぶん差があるように感じた。しかしリビアは油田開発が活発になされていて豊かな国であり、将来的には教育環境も大いに改善されるのではないかというフィトゥリ氏の意見が印象的だった。
リビアでは学校制度が今年から変わり、6歳から15歳までの子どもが通うessential schoolと、15歳から19歳までの子どもが通うsecondary schoolと大学、専門学校がある。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

世界で一番いい大学  学校と教育

Institute of Higher Education, Shanghai Jiao Tong Universityが出した世界の大学ランキングでは、エクセター大学は世界では401−500位、ヨーロッパでは169−205位、イギリスでは37−40位だと位置づけられている。
http://ed.sjtu.edu.cn/rank/2005/ARWU2005TOP500list.htm
中国の大学が世界でどの程度のレベルか調べるために出したものらしく、自然科学の分野での調査・研究発表に基づきランキングが出されている。
同じ401−500位の範囲には日本の東京都立大学が入っているが、どの程度の信憑性があるかは全く持って疑わしい(と私は感じた)。
さて、エクセター大学の売店(我々は「生協」と呼んでいる!)には、大学グッズが売られていて、Tシャツやステッカーには「Probably the best university in the world」と書かれている。
probably」とあるのがなんともlovelyだ。
何をもって「一番良い」と言うのか議論は分かれるところだが、そこで学ぶ学生が「一番良い」と思うことこそふさわしい尺度なのではないかと感じた。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

私立学校  学校と教育

イギリスでは、私立学校の方が圧倒的にレベルが高いそうだ。
オックスフォード大学の生徒のうち45%、そしてここエクセター市のエクセター大学の生徒の3分の1が私立学校の卒業生らしい。
また、私立学校は優秀な教員を集めるために給料を高くしているので、イギリスの私立学校の学費は、20年前の128%にまで上がっているらしい。
イギリスでも子どもを大学に行かせるのは大変なようだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ