イギリスのじゃがいも  食べ物

「食の安全」というものに目を向け始めた今、思わず後悔してしまうことが多々ある。
そのひとつがイギリスでの生活だ。
なにしろ物価が高いので食費ももちろん節約モード。
時間的余裕があったので複数のスーパーに行きより安い物を求めた。
安い物を提供しているTescoで、ヨーグルトでも野菜でも一番安いものを選ぶ。
もちろん成分表など見ない。
今から思えば農薬や添加物がたっぷりのものを選んで「安い!」と喜んでいたのではないか・・・

農薬といえば、日本で販売されているジャガイモはすべて国産で、収穫後に農薬を使用する外国産のものは手に入らない。
生ジャガイモの輸入は現在止められているからだ。
ジャガイモは収穫するときに皮を硬くして傷みにくくするために除草剤が使われる。
イギリスでは収穫したジャガイモにまず除草剤を使い、貯蔵倉庫に入れるときにもまた除草剤が使われ、倉庫の中でも芽を出にくくするために除草剤を使って、9月に収穫したジャガイモを倉庫から出して7月まで出荷しているらしい。
この除草剤(IPC)は皮をむいてもジャガイモに残留するのだとか・・・
私はほぼ毎日弁当にゆでたジャガイモを入れ、うまい、うまいと食べていた・・・
しかも皮つきで。

国外輸出用のみならず国内消費分も年に3回除草剤が使われているのだろうか・・・?
そうでないことを祈るのみだ。
ちなみに日本では収穫後にまで除草剤は使用されていないらしい。
北海道産のものは収穫直前に使われているものがあるとのことだ。

画像はExeterQuayPub料理。
クリックすると元のサイズで表示します
2

 

もったいない!  食べ物

有機野菜は高い。
しかし生姜でもルッコラでも大変香りがよく、味も濃い。
今日食べた小松菜も美味しかった。
薄味でも本当においしいので野菜がこんなに味わい深かったのかと驚かされる。
今日は主人が早朝烏賊釣りに行ったので、かわいい烏賊を刺身にして食させてもらった。
そのとき使った有機生姜のすりおろしの残り(おろし金についたもの)がもったいなく思え、思わずジュースに入れ、炭酸水で割って飲んだ。
意外と美味!
お高いものはもったいなくて無駄のないように扱ってしまう。。。。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

食品売り場に怒り  食べ物

最近「有機な生活」がテーマの私。
しかしなかなか安全な食材を探すのはむずかしい。

まず有機野菜を置いているスーパーがあまりない。
または置いてあるところでも種類が少ないところが多い。
デパートの食品売り場でも、無添加のものがない!(私の近所の百貨店)
高いワインビネガーでも、ラベルの裏を見ると防腐剤が入っている!
「昔ながらの本みりん」と名の付くものでも、もち米・米こうじ・米焼酎以外にちゃーんと添加物が使われている。

食品売り場を歩いて商品をチェックすると、そのスーパーの姿勢(営業方針)がわかる気がする。。。
以前は安くてお気に入りだったスーパーM1は、「有機な生活」に目覚めてから訪れると安全な食材がほとんどなく、「売れればよい」という方針だということがわかった。
スーパーM2は、安全なものも結構たくさん置いてあり、真面目な印象だ。
わたしはここではパックだしと有機野菜を何点か購入した。
先述のデパートは以前は無添加のマヨネーズが販売されていたが、今では「高いが添加物入り」の調味料ばかりで、ハムやソーセージも無添加のものはみあたらない。
比較的期待がもてるのがスーパーL。
ここが一番有機野菜が多いし、安全な食材が豊富だ。
以前の私はとにかく食費を節約することに意識があり、高い食材を置いているスーパーLにはほとんどいかなかったが、今になってここの良さがわかった。
スーパーLでは有機野菜はもちろん、無添加の甘栗やカレーのルウ、乾物などを購入した。

安全な食材を求める消費者が増えれば、食品添加物不使用のものが多く棚に置かれるようになるかもしれない。
画像はぶどう果汁とぶどうのみを使用した「純ワインビネガー」。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

有機な生活  食べ物

乳腺炎をきっかけに和食にシフトしたのみならず、母乳育児相談室で助産師さんに借りた『食品の裏側』(安部司著、東洋経済新報社)を読んで食品添加物についても気をつけるようになった。

かつて食品添加物の専門商社に勤務していた著者、安部氏は、現在は有機農業JAS判定員である。
食品がどのようにつくられ、どの添加物が何のためにどれほど使われているのか私たち消費者はなかなか知ることができない。
この本では食品添加物の現状が明らかにされており、今まで知らずにものすごい種類と量の食品添加物を口にしてきたことがわかりぞっとした。

添加物入りの食品は非常に便利で安い。
しかしその裏側(危険性や使用基準)をよく知っておいて取捨選択する必要があることを勉強した。
私たちは自炊してもコンビニの総菜を利用しても普通に何十種類もの添加物を体内に摂取している。
厚生労働省ではネズミなどの動物を使ってさまざまな添加物の毒性テスト行い、使用量や使用対象の食品を厳しく定めているが、複数の添加物を同時に摂取した場合の危険性は完全に盲点になっている。
安部氏によると、認可されているすべての添加物の安全性が完全に確認されてはいないのが現状だそうだ。
今まで使われてきた添加物が、ある日突然「発ガン性があることが判明、使用禁止」となりかねない。

私は人生の半分は食品添加物を大量に摂取してきたが、今後の人生ではできるだけ摂らないようにしたいと思っている。
今は特に自動的に娘の体内に摂取されるので尚更だ。
画像は有機JAS認定のにんにくとしょうが。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

食の安全  食べ物

乳腺炎をきっかけに変わった私の食生活。
和食ということに合わせて化学物質をできるだけ排除した食事に心がけている。

昨日の夕食は@玄米入りごはん、A肉じゃが、B有機ルッコラ・サラダ菜・カラーピーマン・トマトのサラダ、C有機にんにくと有機ほうれん草の煮浸し、Dにら・わかめ・トマトのスープ、E(主人のみ)芳純どりのスパイス焼き、F冷奴。

とにかく家で炊いたごはんは安全だ。100%玄米は今はまだ慣れないため食べられない。
Aについては国産黒毛和牛のミンチ以外は普通の材料。ただし調味料は純米酒、有機JAS認定醤油・砂糖だ。
Bにかけるドレッシングは純ワインビネガーと粒マスタード、桑塩。
Cのにんにくとほうれん草はデパートで手に入れた。どちらも300円くらい。
Dのスープの素は自然食品の店で購入した無添加のもの。
E:割愛
F国産大豆とにがりのみでつくられた地元の豆腐に、無農薬・無漂白のしょうがのすりおろしとかつおぶしをかけた。かける醤油ももちろん丸大豆。
今はまだ安全な塩が手元にないため、いただきものの桑塩を使った。
これは結構な値段はするが、品質についてはよくわからない。
有機ものの野菜以外の野菜はとにかくよく洗った。トマトまで皮をむく。
今までスープにパッと入れていた乾燥わかめも、一旦きちんと水で戻してからよく洗って使う。

まだ100%安全な食事にはなかなかならないが、ものすごい勢いでごくごくと母乳を飲む娘を見ていると、手間暇お金を惜しまず食の安全に気を配らなければと思っている。

画像は厳しい生産基準をクリアして生産された、有機(オーガニック)野菜。有機JAS認定のほうれん草(島根県産)とルッコラ(広島県産)。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

乳腺炎さまさま  食べ物

私は今まで油を使う料理をほぼ毎食食べ、糖分をかなり多く摂取していた。
そして美味しいものを欲しいだけ食べ、足らない栄養素は補助食品で取るというてきとうな食生活をしてきた。

しかしこの度の乳腺炎で自分の食生活を見直さざるをえない状況になった。
母乳育児をしている以上、自分が口にしたものはダイレクトに娘の体内に摂取される。
栄養が偏ったり、化学物質など体に悪いものを摂取するとたちまち娘の体調や私のおっぱいの状態が変わるのだ。

娘が頭や顔をときどきかゆそうに手でひっかくが、これも母乳の質の影響が大きいのだそうだ。
相談に行った助産師さんは、今私が食生活を改善すれば、赤ちゃんなら3ヶ月ほどで体質が変わると言っていた。
4歳くらいの子どもになると、体質改善には4年以上かかるらしい。。。

早速和食中心の食事に切替えた。
そして、なぜ日本人には昔ながらの食事がよいのかということも数冊の文献からわかり、そこから派生して「食品添加物」や「有機食品」にも目が向くようになった。
自分や家族のいのちを守るためにこれからは「食の安全」について無頓着ではいられない。
このような分野にまさか目が向くとは思いもよらなかった。
乳腺炎さまさまだ。
クリックすると元のサイズで表示します
画像は本日の夕食。
急に淡泊になった食事ではいまいち満足感が得られないかもと思い、主人には「芳純どり」を付けた。
0

 

乳腺炎  食べ物

乳腺炎になり、39度の高熱が
救急外来で血液検査を受け、レディース病棟で助産師さんに絞り出してもらった。
帰宅して頓服を飲んで休み、18時から母乳相談室へ。
まったく痛くなく、「神の手」で搾乳&マッサージしてもらい随分楽になった。
以前に小さなしこりができたところからは、魚の骨のようなものが出てきてびっくりこれが長いこと詰まっていた。
しかし今日は反対側が痛い。
私の授乳法および食生活が根本的に間違っていたことが判明
産後も結構大変だ。
分娩時にも相当な苦労をしたが、まだ試練が与えられている。。。
妊娠中に留意すべきコトは山ほどあったが、産後も馬鹿にしてはいけない。
母体のケア、育児について覚えるべきことがまだたくさんある。
母親になることはこんなにも大変だとは・・・。
もう本当にgreasyな食事はやめ、和食にしよう。
紅茶も御法度だ。
しかしイギリスの人は乳腺、詰まらないのだろうか・・・?
辛い物を日常的に食べるインドや韓国の人々同様、風土に見合った体質になっているのかもしれない。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

イギリスの水  食べ物

イギリスで「水」というものに対する意識は日本のそれとはやはり違うことを実感した。
飲食店で気軽に「水ください」とは言えないからだ。
St.Ivesのレストランで"Water, please"と言うと、"Tap water?(水道水)"と確認された。
そして水道水をお願いすると、店員さんは怪訝そうな顔で冷えていない水を持ってきた。
ミネラルウォーターを買ってよ、と言わんばかりに。

私は当初ヨーロッパの水は硬度が高いためイギリスの水は飲めないだろうと思っていたが、私の暮らしたJOCというaccomodationではtap waterは飲用可であった。
硬水は硬水であるが、意外と違和感が少ない。
この水で日本のインスタントラーメンも作ったし、お湯でインスタントみそ汁も薄めた。
だがやはり日本の水道水も煮沸せずには絶対に飲まない私は、飲み水はボトルドウォーターにしていた。
物価が高いので毎日ウーロン茶やアールグレイを水筒に作っておいて飲むことが多かったが。。。

イギリスのミネラルウォーターは、おいしいものがたくさんある。
有名どころではボトルの美しいTynant Spring Water、ウォッカの割水・チェイサーに適すると言われるDeeside、一流ホテルやレストランのシェフがすすめるHildonなど。
美味しかったのはロンドンのノボテルホテルの会議室で出されたビン入りのお水。
stillsparklingも出されたが、私はstillでなくsparklingがお気に入り。
ライムなどフレーバーつきのものがとってもおいしくて、ひとりで2本飲んでしまった。たしか750mlか1リットル入りだった。。。
この商品の名前がわからない。ずいぶん探してみたが。。。
知っている方、教えてください

クリックすると元のサイズで表示します
0

 

甘いもの  食べ物

妊娠中から甘いものがとても好きになった。
以前は甘いものはそんなにたくさん食べれず、スイーツバイキングなんて行っても損、という感じだった(いまだに未体験)。
今は気がつくとスイーツのことを考えているときがあるくらい。
思うに、イギリスでのcream teaがきっかけとなり、妊娠期間を経て甘党への道を突き進み始めたような気がする。
こってりとしたクロテッドクリームは食べてみると意外とたくさんいけるもので、思い出すたびうっとりする
だが最近はやはり母乳のためにもよくないと自覚し、本当にスイーツ欲を抑えている。
今日もチーズケーキに手が伸びそうになったが、おはぎにしておいた。。。
もうちょっと子どもが大きくなったら、近所にできたカフェのスイーツバイキングに行きましょうね、訓子サマ!
画像はTopshamの一番人気のカフェ内。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

バーガーキング  食べ物

日本にバーガーキングが再出店した。
バーガーキングはエクセターで初めて食べた。
エクセターにはHigh StreetSandygateの2店ある。
私はHigh Street、ローラアシュレイブティックの近くのバーガーキングに行った。
しかし今話題になっているワッパー(Whopper)ではなく、オーソドックスなhamburgerのセットを注文した。
味はなかなかよく、特にパテが美味しかった。
日本でもまた行ってみたいが、今は新宿アイランドイッツ店しかなく、22日に池袋サンシャインシティ店がOPENするのみで、私は当分は食べられそうにない。。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ