English Breakfast  食べ物

私は現在妊娠36週目。
予定日まであと4週。
これまで食べるもの・飲むもの等に気を遣ってきた。(つもり)
飲み物はカフェイン入りのものは避け(3杯程度はOKらしいが)、ノンカフェインのものだけを採るようにしてきた。
しかし、ときどき無性に紅茶が飲みたくなる。
ビールなどアルコール類はこれほどの欲求はない。
先日ロンドンっ子の友人をディナーに招いたとき、彼女がとても美味しそうなケーキを手みやげに持ってきてくれたものだから、思いきってMARKS&SPENCERのEnglish Breakfastを開封した。
3杯飲んでしまった。
Earl Greyも結構好きだが、やっぱりEnglish Breakfastが一番好きだ。
クリックすると元のサイズで表示します
ロンドンっ子の友人は、日本のケーキがお気に入り。
「甘さ控えめでとっても美味!だから食べ過ぎるんだよね〜」と言っていた。
私はイギリスに行ってから甘党に変わりつつある。。。
Creamteaのせいだ、たぶん。。。。

0

 

カップヌードル  食べ物

エクセターではHiraで買ったインスタントラーメンを食べたことがあったが、やはり日本製のものは味がすばらしい。
もっとも日本人の私が自分好みだといって賞賛しているものが他の国の人々にうけるとは限らないが。。。。
ところでカップヌードルが世界中で親しまれて久しいが、イギリスでの消費量は中国の221分の1。2.6億食だそうだ。
ドイツ1.4億食、フランス0.4億食、オランダ0.2億食、ベルギー0.1億食で、ヨーロッパではイギリスは比較的消費が多いといえる。
ヨーロッパでは麺をすすって食べないため、カップ麺の長さは日本の半分にしてあるそうだ。
また、味付けもかみごたえのある麺にマッチした味だそうで、ポタージュやコンソメ味があるそうだ。
ちなみにこちらは和歌山県の有名店、井手商店さんのラーメン。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

生活習慣  食べ物

イギリスにいるときはほとんど毎日ビールを飲んでいた。
毎日40分歩く生活だったので大丈夫かなと思っていたが、
高カロリーの食事とあいまって、やはり太ってしまった。
見た目にはそうでもないが、いわゆる内臓脂肪がついたと思う。
体脂肪計を見ると一目瞭然の結果だった。
日本に帰りさっぱりとした日本食を食べればまた元通りに・・・と思っていたが、事態は悪化するばかり。
体が硬くなる、新陳代謝が落ちる、ボトムスがきつくなる・・・
加齢のせいもあるが・・・
油脂を取ると脳が快感を感じるとニュースで言っていたが、
イギリスで食べたgreasyな食事はやはり食べると「いけない」と思いつつも美味しく、シュワっとしたのどごしのビールとの相性は抜群だった。
おいしいものはなかなかやめられない・・・・
画像はExeter大学近くのパブ、Imperialのミックスグリル。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

Dartmouthのレストラン  食べ物

先ほどの記事で、私が結局行ったレストラン。
クリックすると元のサイズで表示します
空いていたので味はいかがなものかと疑問に思いながら入った。
メニューを見ると結構リーズナブル。
クリックすると元のサイズで表示します
breakfastが"served all day"なのがいつも面白いなあと思うが、朝に限らずオーダーする人が多いからなのだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
私たちが食事をしていると、後からお客さんがぞろぞろと入ってこられ、出る頃にはテーブルはほとんどすべて埋まっていた。
教会のすぐ横で、ロケーションはとても良い。
0

 

Dartmouthの日本食  食べ物

Dartmouthで何か美味しいものを食べようとレストランを探していたら、このようなポスターを見つけた。
寿司とおにぎり!?サラダに味噌汁・・・こんな組み合わせがイギリスの方に「日本食」と思われるのはいささか抵抗を感じる。
せめて漬け物にしてほしい。もっとも日本に来る外国の方は日本の漬け物を嫌う方が多いが。。。
しかも値段の高いこと!料理の詳細は見ていないが、日本円に換算すると1,012円だ。
クリックすると元のサイズで表示します
結局私はこの日教会の近くのレストランでまたFish&Chipsを食べた。。。
ここのは少し大味だった。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

シャリの語源  食べ物

先日英語情報の雑誌を読んでいたら、面白い記事があった。
寿司の「シャリ」の語源だ。
「ガリ」は食感が「ガリガリ」しているからなのだそうだが、シャリはなんと、梵語で「遺骨」を表すsarina(シャリーナ)からきているそうだ。
お釈迦様の死後、遺体が火葬されたときに骨が砕けた様子が米粒に似ていたためなのだとか。
外国人の友達に、由来を聞かれても答えられないことが多いが、このことは教えてあげようっと。
画像はロンドンパディントン駅内のYO!SUSHI。ちゃんとキッコーマンのお醤油も使われていた
クリックすると元のサイズで表示します

0

 

HANSONS クリームティー  食べ物

このブログにアップしようと思ってなかなかできなかった私のお薦めのティールーム。
エクセター大聖堂前にあるHANSONSです。
こちらのクリームティーはとってもおいしいと思います
エクセター中心部でクリームティーを味わうならお薦めです。
ただしお店の方をしつこく呼ばないとなかなか応対していただけないことも…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

 

Merry Christmas!  食べ物

Merry Christmas!
みなさんはクリスマス・ディナーに何を食べますか?
BBCのニュースでは、クリスマス・ディナーに七面鳥を出すときは、
よく加熱しないと食中毒の恐れがある
と警告していました…。
私は今年はフォアグラのテリーヌとオマール海老のロースト、和牛フィレ肉のグリルをいただきました♪
日本の牛肉は安全・安心だと思いたいです(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

 

ビール  食べ物

イギリスにいる間、本当によくビールを飲んだ。
普段はほとんどアルコールを飲まない生活をしているが、イギリスでは食事のときにはいつもビールを飲んでいたような気がする。
やはりTescoで買う方が安いので、てくてくTescoまで歩いて行き、重たくて苦労しながらも運んで帰った。
初めはせっかくイギリスに来たからにはイギリスのビールを飲まなければと思っていたが、飲みやすくてよく飲んでいたのは外国製のビールだった。
まずFOSTER'S。オーストラリアビクトリア州のビールだ。
そしてCASTLE MAINE XXXX。こちらもオーストラリアブリズベンのビール。
最後はデンマーク・コペンハーゲンのCarlsberg。
クリックすると元のサイズで表示します
どれもさっぱりしていて飲みやすい。
パブではギネスを注文したこともあったが、普段はもっぱらこの3つ。
ちなみにパブではいつもラガーを注文するようにしていた。
他の種類を頼むと冷えていないのだ。
冷えていないビールにはとうとう慣れなかった。。。
やはり「通」ではない私。
0

 

QUAYのパブ2  食べ物

とうとう風邪をひいてしまいました。。。
過労と運動不足がたたってしまいました。。。
みなさんも気をつけてくださいね。。。
Quay Sideの同じパブのJacket Potato、ツナソースをご紹介します。
こちらもとっても美味しいです!
家庭でも似たような感じが再現できそうですが、Potatoが全然違うんですよね!
本当にイギリスのPotatoはtastyです!!
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ