蓄熱暖房機  風物

かなり久しぶりにこのブログを更新する。

断筆宣言をしていたわけではないが、この間訪れてくださった皆様ありがとうございます

さて、とうとう我が家が完成した。

土地を手に入れてからかなりの月日が経ち、お隣さんからは「ひょっとして建設を断念されたのでは」と思われていたらしい

家のことについて詳細情報はリンク集にある家ブログに載せているが、
この度は我が家が採用した蓄熱暖房機についてふれてみたい。

偶然にもイギリスのメーカーの蓄熱暖房機だったことが判明した。
蓄熱暖房機については、工務店さんにお任せ状態だったが、
ちゃーんとイギリスのメーカー、Dimplex社のものだったことがわかり、感動

公式HPの説明によると、
1973年にイギリスの電気暖房機器・リーディングブランドであったディンプレックス社をグレン・エレクトリック社が買収し、アイルランドでグレン・ディンプレックス社となったらしい。電気暖房機器においては世界で最大級の企業だそうだ。

こちらがうちのリビングにおいている蓄熱暖房機、ユニデール。
一番大きなものだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

bose AcousticWave Music System II  風物

イギリスびいきの私だが、先日アメリカ製のシステムコンポを購入した。
(正式名称はCDプレーヤー/AM・FMチューナー内蔵 一体型サウンドシステム)
16年使用したONKYOのコンポは気に入っていたが、コンパクトなものに買い替えることにしたのだ。
主人が「一旦買ったら何年も買い替えないんだから、質の良いものにしよう」と言ったので、うちで使っている冷蔵庫よりも洗濯機よりも高いこのコンポを買うことに
私はオーディオ通でないのでよくわからないが、以前使用していたONKYOのコンポの方が音がいいと思った。
スピーカーの大きさが違うからそう聞こえるのかもしれない。
「小型のわりに高い音質」なのだろうか?
値段のわりにはそこまで音の良さを感じないが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

ひな人形  風物

娘の初節句のためのひな人形を探した。
初めはケース入りで15人揃いのものがよいと思っていた。
しかしケース入りのものは人形の質がおちると聞き、収納飾りにすることに。
だが、実際に主人と見に行き、収納飾りで段のあるものはやはり人形が小ぶりで、衣装やお道具なども今ひとつな感じがして結局3段飾りにすることにした。
5段や7段になると、「出すのもしまうのも大変で、ひな人形を飾らなくなる場合が多い」と人形店の人に言われた。
3段飾りと言っても大きさはまちまちであったが、主人が「賑やかな方がいい」と言うので大きめのものにしぼることにした。
H店では台がけやきのものが人形の顔・衣装がよく気に入った。

後日スポンサーである母と同じH店に行ったら、母は3段飾りでも台が家具調のものは好まなかった。
「お雛さんは毛氈がないと!」と言うのだ。
それで母が選んだのは台は檜で毛氈が敷かれており、衣装が本着せのもの。
人形の質は良い。
店員さんの説明では段飾りの台が高いそうで、屋久杉を使ってあったり、漆塗りでプラチナが入っていたりすると値段がぐんとあがるそうだ。
母が選んだものは檜の台の組み立てはとても簡単で、収納に場所をとらない。
何と言っても人形が豪華なので華やかな感じだ。

私のひな人形はケース入りの5段飾りで、今では5人囃子の髪の毛が逆立ってパンク系になっている・・・。
娘は何と幸せ者だと思った。

画像はエクセターで売られていた日本製のこけし。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

フクシア  風物

日本はかなり寒くなってきた。(まだ甘い?)
ああイギリスの夏が恋しい。
イギリスの夏は綺麗な青空と色とりどりの花が印象的で美しかった。
大好きだったのはFuchsia(フクシア)の花。
街の至るところにハンギングバスケットがかかっていて、道行く人の目を楽しませていた。
日本ではなかなかこのような立派なフクシアを街でたくさん見ることはないので帰国したらフクシアを育てたいと思っていた。

フクシアはアカバナ科の低木で、その優美な姿から「女王様の耳飾り」とも称されているらしい。
日本のような高温多湿の環境では栽培は難しいとか。。。

画像はDartmouthで撮影したもの。
いつか近い将来フクシアを育ててみたい。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

ロンドンで見つけたハガキ  風物

こちらはロンドンのジャパン・センター近くの土産物屋で見つけたハガキ。
可愛らしいがちょっとお下品。。。
もちろん買わなかった。。。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

ずっとしてない海水浴  風物

ここ何年も海で泳いだことがない。
水着を着て海に入ったのは。。。。たしか13年前だ。
まだ若かった。。。
紫外線は大敵なので将来的にもほとんど海では泳ぐことはないと思うが、夏の海を眺めるのはなんとも気持ちのよいものだ。
St.Ivesの海岸では、まだ少々肌寒いというのに結構な数の海水浴客がいた。
この日の私の服装はジーパンにトレーナー、その上にウインドブレーカーであった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

花火  風物

日本の夏といえば花火だ。
以前実家は毎年花火大会のある場所のすぐ近くにあったので、
ドーンとお腹に響くような花火の音と美しい光を間近で楽しめていた。
あまりに大迫力で、母が「この音も目を閉じると戦争に思えるよ」と言ったが、
実際に目を閉じて花火の音を聞いてみると戦場にいるような気がして少し怖いと思ったこともあった。
(試してみてください、平和の良さを安易に味わうことができます
ところでイギリスでは花火といえば冬の風物だ。
11月5日のGuy Fawkes Day(ガイ・フォークスデー)では、イギリス各地で花火大会が催される。
ガイ・フォークスとは1600年代初めの11月5日に、国王や議員を殺そうとビックベン(国会議事堂)を爆破しようとした人物だ。
直前に見つかり逮捕されたが。
このガイ・フォークスデーでは、大きな焚き火にガイ・フォークスにみたてた人形を投げ込み燃やすということも行われる。

0

 

squirrel  風物

2年前の今日見かけたリスちゃん。
午後のFocus On Fluencyの授業後に大学のStretham Courtで見かけた。
あ、ひょっとしてchipmunkかも。。。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

Hyde Park  風物

2年前の今日はロンドンのHyde Parkに行っていた。
さすが有名な所だけに、広大な公園はきちんと整備され美しかった。
こんなに広いところをゆったりと歩くだけですごく緑に癒され、精神が浄化されるようである。。。
広さは1.4キロ平方メートル。
ストーンズやクイーン、レッチリなどがライブを行ったところだ。
ここまでの規模でなくても大きな都市型公園がうちの近所にもあるといいなあ。。。
クリックすると元のサイズで表示します
Hyde Parkの公式HPはこちら。
http://www.royalparks.org.uk/parks/hyde_park/
行った気持ちになれる
0

 

アニヤハインドマーチのエコバッグ  風物

1993年にたちあがったイギリスのバッグブランド、アニヤハインドマーチから、「I'm not a plastic bag」というエコバッグが出ている。
イギリスでは4月27日に発売され即完売。
日本では7月14日に3店舗で販売開始、18日からは全国の店舗で販売開始となっているが、こちらも即完売が予想される。
国によって色が違っているのも魅力だ。
(日本はグリーン、アメリカはブルー、ヨーロッパはブラウン、香港はグレー)
今ヤフーオークションでは日本定価2,100円のこのバッグが3万円くらいで取引されている
超レアはラベンダー色のものは世界で200個限定とか。
6〜7万円で出品されている
イギリスのLavender Trustラベンダートラストのためにだけ作られ、3月14日にロンドンのClaridge'sホテルで開かれたLavender Party 2007チャリティーパーティの参加者だけに配られたものだそうだ。
バッグ上部に”SUPPORTING LAVENDER TRUST at BREAST CANCER CARE”と書いてある。
Lavender Trustとはイギリスにある乳がんの研究費や乳がん患者を支援するために資金調達をする団体である。
このエコバッグ、雑誌で見かけたときに心惹かれたが、こんなにも人気沸騰だったとは。。。
日本仕様のものを定価で入手したいが予約は受け付けておらず、地方に住んでいては発売翌日以降の期間・数量限定のweb受注で手に入れるよりほかなく無理っぽい・・・
親になってもまだまだ物質中心主義でいけないなあ、と自己を省みているが、このバッグ、やはり気になる。。。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ