ついに購入マクラーレン限定volo  乗り物

皆様明けましておめでとうございます。
かなり久々の更新ですが、今年もゆるりと続けていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします

さて、カテゴリーを「乗り物」としたが、こちらは私が一生乗れないもの。
以前投稿したイギリスのマクラーレン限定モデルだ。
10月4日に発売された、アダム・エ・ロペとイーリー・キシモトのコラボのファブリックが使用されたホワイト・ヴォロー。
あっという間に完売し、かなり入手困難だったため諦めていたがとうとう手に入れた。

A型B型兼用ベビーカー、アップリカショコラもそこそこ使いやすかったが、娘の腰がすわったのでコンパクトなバギーが欲しくなった。
4.5sのこのストローラーの操作性はかなり良く、安定感も抜群。
ハンドル位置が高くて押しやすい。
ベルトも着脱しやすく、しっかりとしている。
折りたたみはアップリカショコラに比べたらワンタッチでないのでいささか不便。
幌が小さいので日よけには別売りのものをつけないといけない。
自立しないので立てかけておく時倒れないか不安。
でもかなり満足している。
さすがに都会に住む友人のEちゃんがすすめてくれただけはある。
4歳まで使用できるらしい。
定価36,750円だが購入価格はもう少しexpensive。大切に使おう。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

ロンドンへおでかけ1  乗り物

一昨年の今日はエクセターからロンドンへお出かけしている。
朝5時台に起床し、Paddinton行きの列車に乗り込んだ。
もちろん切符は事前にSt.David Stationで購入しておいた。
57ポンドだった。
混雑時だから高いがしょうがない。
この切符購入の際には愛知のTさんに大変お世話になったなぁ。。。
Tさん、あらためて大変お世話になりました。
しばらく8.13ロンドン旅行について掲載していきます。。。
画像はロンドン行きの車内の様子。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

暑いtube  乗り物

"For a cooler journey by tube, just add ice under the seat"
こちらはGuardianの記事。
なんとロンドンの地下鉄の冷房に新システム登場!?のニュース。
来年初めに試験的に使われるとのことで、
このRefrigiration systemの費用は1億5千ポンド(約370億円)。
装置はいたって簡単。
座席の下に置かれたブロックアイスが溶けるときの冷気を車内に送るというもの。
溶けた氷は再度凍結されるわけだが、専門家は氷の溶けるのがかなり速いと心配している。
しかしこの新システムで駅のトンネルやコンコース、車両自体の極度の熱の上昇が抑えられ快適になるそうだ。
「ロンドンの地下鉄は蒸し暑い!」と不満の声が果たしてほとんどなくなるだろうか???
この装置の試験は、ヒースロー空港からCockfosters までの
Piccadilly lineで行われるそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

 

バースのバス  乗り物

久々に乗り物シリーズ。
今回はバースのバス。bathbus
これを繰り返して早口で言うと結構難しい。
なんともキュートな観光バスである。
こういうバスの2階席に乗ると本当に気分が高揚してくる。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

蒸気機関車  乗り物

またまた乗り物シリーズ。
今度はDartmouthで見かけたlocomotive。
Great Westernのグリーンのもの。
船とのマッチング、トンネルに入っていく様子がとても素敵だ。
私の住む街にはかつてある公園にSLがおいてあった。
そこで友だちと機関車ごっこをするのが大変好きだった。
今は撤去されていて大変残念だ。。。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

story tellingの広告  乗り物

St.Ivesは本当に景色が美しい。
海岸で海を眺めていると時間の経つのを忘れそうになった。
と、可愛い自転車を発見!
よく見るとstory tellingの案内であった。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにこちらは横浜中華街、並んで入った「金福楼」さん前に停めてあった自転車。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

箱根の登山電車・ロマンスカー  乗り物

先ほどの記事で、突如トラムのことを思い出したのは、箱根に行ってロマンスカーや登山電車を利用したからである。
特に登山電車は大変気に入った。
一番前の席でかぶりつきで見ていた。(といってもスイッチバックをするので一番後ろになることも・・・)
車窓から見える風景の美しさが素晴らしく、ずっと見ていても飽きなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはロマンスカーの画像。私が帰りに乗ったのは30000形(EXE)という1996年3月にデビューした種類。
行きは10000形(HiSE車)という1987年12月デビューのタイプだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

シートンのトラム  乗り物

イギリスに居るとき、友人達はトラムを見に行っていた。
私は疲れていて行かなかったが、可愛いトラムカーの画像を見せてもらうと行っておけばよかったと後悔しきり。
tramcarの略であるtramには2つ意味があり、路面電車とロープウエーのゴンドラなのだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
画像をくれた友人は鉄道好きで、毎週火曜日の9時からBSフジで放送している「欧州鉄道の旅」を楽しみにしている。
次回29日はBristolからExeter、そしてPenzanceという素晴らしいルートが紹介されるようだ。
お好きな方はぜひご覧ください
0

 

bicentenaryの馬車  乗り物

記事カテゴリに「乗り物」を追加した。
自転車、力車、観光バス、バス、パトカーに続き、馬車の画像があったのを思い出した。
エクセターのbicentenaryから一年が経つ。
市をあげてのお祝いに参加できた感動を思い出す。
8月17日。大学の生徒は授業の一環として揃ってエクセター中心部High Streetに出かけた。
始めにパレードがあり、開会式が行われた。
先日ボイスレコーダーに録音した開会式の模様を聞き当日のことを思い出したが、
かなりの人でHigh Streetは埋めつくされた。
写真を撮るのにも結構苦労したが、馬車の写真がうまく撮れた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

 

バス  乗り物

乗り物シリーズが続いているが、今回はバス。ロンドンでバスをウォッチングしていたら、おもしろバス発見!
クリックすると元のサイズで表示します
長ーいのだ。2台のバスが連なっているのではない。
低床で、乗りやすそうだ。
カーブはうまく曲がれるのだろうかと見守っていたが、スムーズに曲がっていった。
私が珍しそうに写真を撮っていたら、乗客の人達に笑われてしまった。
こちらは2階建てバス。
クリックすると元のサイズで表示します
広告が目立っていい。
私は2階に乗ってみた。
結構運転がアグレッシブでバーを握りっぱなし。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ