ヘアサロン  文化

10日に髪を切った。
久々のショートカット。
長年お世話になっているゴッドハンドTさんに藤原紀香ヘアをオーダー。
頭の形はもちろん、顔立ち・体型がまるっきり異なる彼女のスタイルをお願いするのに恐縮したが、これまでにも有名人の写真を持ち込んでは無理難題をお願いしいつも実現してもらってきたので今回も図々しく相談してみた。
Tさんの丁寧な説明と高い技術に今回も感動
世間話をしながらもいつのまにか紀香ヘアが実現されている!!
洗髪しても自分でスタイルが再現しやすいし、意外にもアレンジがきくのでとても気に入っている

ところでロンドン子の友人に聞くと、イギリスのヘアサロンは日本のようにきめ細やかなサービスはないそうだ。
カットやカラーもすごくラフなのだそうだ。
だから彼女は低価格で技術・サービスの良い日本の美容室はとても気に入っている。
私はエクセターにいる間にTONI&GUYのサロン前を通りかかり、1度くらいは行ってみようかと思ったが、料金が高いしなんとなく不安で髪が伸びても行かなかった。
ちなみにエクセターのTONY&GUYはQueen Streetの83番地。
こちらのサイトでエクセターの美容室が検索できる。↓
http://www.accessplace.com/hairdresser/devon/exeter.htm
画像はタッソー蝋人形館で出会ったトム&ジェニファー。
クリックすると元のサイズで表示します
1

 

Corinne Bailey Rae  文化

最近気になるイギリス人アーティストがCorinne Bailey Rae(コリーヌ・ベイリー・レイ)だ。
彼女はリーズ出身。1979年2月生まれだ。
先日ラジオを聴いていたら彼女の特集をしていて、彼女のバックグラウンド等について紹介されていた。
彼女は少女時代にヴァイオリンを習ったり、聖歌隊で讃美歌を歌ったりしていたのだとか。
彼女はBBCがその年ブレイクの予測される新人を選ぶ“SOUNDS OF 2006”にて1位に選ばれた。
1stアルバム「Corinne Bailey Rae」はデビュー・アルバムにも関わらず、圧倒的なセールスでUKアルバム・チャート初登場1位を獲得。
全英ツアーも全公演SOLD OUT!
彼女の歌声は本当にsweetで耳に心地よい。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

2007年のクリスマスカード  文化

今年もMARKS&SPENCERのクリスマスカードは可愛い
こちらは「For him」シリーズの中のひとつ。£3.50。
Super Santa hubby」と書いてあるのが可愛い!
hubbyhusbandのことである。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「For her」シリーズより。
ママ宛のもの。£2.75。
イギリスではmotherの略式はmummy
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

シンガーソングライター、Nick Roll  文化

私がエクセター大学にいるとき、大学の講堂でシンガーソングライターのNick Rollさんが講義をしてくださった。
この日はちょうど大学のgeneralの授業の最終日で、彼もStreatham Courtの庭でfarewell partyに参加してくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
彼はブルース、ジャズ、ポップ、ロックなどいろいろなスタイルの音楽に取り組み、ソロはもちろん、デュオやバンドなどさまざまな形態で活動している。
今月は14・23・24・29日にgigsがある。
場所はBristolBathだ。
懐かしいが日本で子育て真っ最中の私には到底ムリ・・・
行ける方は是非!(akikoさんは行けるかな・・・?)
NickのHPはこちら↓
http://www.nickroll.com/

0

 

ハリポタ記念切手  文化

「ハリー・ポッター」の記念切手が本日発売された。
今月21日に発売予定のシリーズ完結編となる第7巻"Harry Potter and the Deathly Hallows"(邦題「ハリー・ポッターと死の秘宝」を含む全7巻の表紙が図柄となっている記念切手だ。
ロイヤルメールによると切手は下記のサイトでネット購入可だそうだ。£19.4。
http//www.royalmail.com/portal/rm
また、郵趣サービス社でも販売されているらしい。(価格は表紙7種セットが1100円、小型シートが800円)

しかし第7巻に関わるニュースはいろいろあり、サンデー・テレグラフ紙によると、イギリス国内で倉庫から書店までこの最新作を運ぶトラックは衛星追跡システムで決められたルートを順守するか監視されるほか、各荷台には総額2000万ドル(約24億4000万円)もの警報器が付けられているという。
こんなに厳重に発売準備がされていたにもかかわらず、最新作の海賊版がネットに流出するという事態が起こったようだ。
800ページ近くある最新作の496ページから最後までが写真撮影され、ネット上に載せられているらしい。(BitTorrentのトラッカサイトThe Pirate Bay上)

人気の作品だけに関連の話題も大きく、尽きない。
画像はroyal mailより。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

嗅ぎタバコ  文化

夕刊紙the Evening Standardによると、ロンドンのパブでは「嗅ぎタバコ」を楽しむ人が増えつつあるそうだ。
「嗅ぎタバコ」(俗称Snuff)は粉末状のタバコの葉を鼻で吸い込むものである。
19世紀に貴族の間で流行し、炭坑作業員の間でも人気があったという(火気厳禁ですものね)。
その後すたれつつあった「嗅ぎタバコ」が再流行しだしたのはもちろん先の禁煙法の影響。
今ロンドンのパブでは「嗅ぎタバコ」を販売するところが増えているそうだ。
さて、この「嗅ぎタバコ」、お値段は1缶2〜2.5ポンド(約470〜590円)。
約一か月間楽しめるらしいので、20本入りのタバコ1箱5.5ポンド(約1300円)に比べ安価だ。しかも安全。鼻の粘膜からニコチンを吸収する方式なので少量でも効くらしい。。。
ちなみに日本で販売されている「嗅ぎタバコ」はウェルソン社(イギリス)とエーロイス・プゥーシャル社(ドイツ)の2メーカーのみだそうだ。
禁煙化が進みつつある日本でも「嗅ぎタバコ」は流行るのだろうか?
パッケージとは相反して吸う姿はスタイリッシュとは言えないが。。。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

エイプリルフール  文化

4月1日はApril Fool's Dayと呼ばれている。
始まりはフランスだそうだ。

ヨーロッパでは昔3月25日が新年の始まりとされており、4月1日まで祝われていた。しかしシャルル9世が1月1日を新年の始まりとする暦を取り入れたため、それに反発した人々とトラブルが起きてしまい、そのことを忘れないようにするためとフランス王に対する抗議の意味をこめて毎年4月1日に「嘘の新年」を祝うようになったのだそうだ。

現在では世界中で嘘の記事が新聞に書かれたり、嘘のニュースが報道され、人々を楽しませている。
今年イギリスでも各紙が嘘の記事を掲載した。
オブザーバー紙は「今年対陣予定のブレア首相が俳優に転身」、メール・オン・サンデー紙は「温暖化対策としてバーベキューに罰金50ポンド」、サンデー・ミラー紙は「大手スーパーテスコがF1の技術を駆使したショッピングカートを開発」と報じている。

現在の日本では到底考えられない文化・風習だが、諸外国ではこうした風習がうけ、人々を楽しませているのだから面白い。
いろいろな文化を知り、人々の考えを知ることは大変興味深い。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

漫画  文化

日本のアニメや漫画は海外でも大人気だ。
今日NHKBS−1で放送していた「クール・ジャパン・スペシャル」では、フランスで日本文化が脚光を浴びていて、漫画はフランス人に大人気だということが紹介されていた。
コナン、ナルト、バカボンドなど日本でも現在大人気作品があまり遅れることなくフランス版で発売されている。
イギリスでも日本のアニメや漫画は人気があるようで、書店には必ずコーナーが設けてある。
こちらはExeter市内の書店のコーナー。
日本のアニメのDVDがずらりと並べてある。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

サンババンド、Street Heat  文化

Sidmouthのフォーク・フェスティバルに行ったとき、Street Heatというサンババンドのパフォーマンスに出会った。
結構雨が降っていたが、私達はたちまち彼らの演奏のとりこになってしまった。
Street Heatは、若い人から年配の人までいろいろな年齢層の人によって、また全くの初心者からミュージシャンまで、ありとあらゆる人によって構成されている。
動きが大変激しく、演奏もさることながら、見ていても飽きさせない。
ドラムのスティックが途中で何本も折れるほどの迫力だ。
Street Heatは1991年にExmouthで結成されたそうだ。
メンバーは常勤で働いているため、平日のイベントはめったにしない。
彼らのメインのgigは、Sidmouthで行われるInternational Folk Festivalだ。通常水曜夜に行われる。
彼らは人気があり、CDも出しているし、TVにも何度か出演している。
最前列で一番目立っていたリーダーっぽい男性は、結構マッチョでかっこよかった。
一度コンビニ内の郵便局で出会い、「演奏良かったですよ!」と話しかけることができて嬉しかった。
今年春のgigは3月31日Powderham、4月16日Timepiece(午後8:30〜)5月27日Brixham(午前10:30〜)など。
彼らのますますの活躍を期待している。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

 

感覚の違い  文化

ロンドンっ子の友人が日本人のイギリス人との感覚の違いをいろいろ言う。
「日本人は私達外国人が胸元の開いた服を着ているとセクシー!セクシー!って言うけど、日本の女の子の短いスカートは何なわけ?あと、日本の温泉なんて真っ裸でヘン!」
確かに日本人女子学生のスカートはだんだん短くなっているような気はするが、イギリスの方の服装もどうかと思う。。。
特にこれ。
クリックすると元のサイズで表示します
ロンドンのチューブ、ナイツブリッジ駅で見かけた女性。
す・すごすぎる。彼女はフツーに電車に乗っていった…
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ