☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

メタボな鯉が釣れた

2007/5/20 | 投稿者: きむら


2007年 5月20日(日) 二子玉川
釣果 鯉 8尾

朝6時に目が覚めた、と言うより目覚ましが鳴った。
眠いので6時半までゴロゴロしてやっと起きた。
昨日、いないなさんの情報で「たくさん釣れたよ!」と頂いたので、なんだかウキウキと仕度を始める。(笑)

釣りを始めたのが8時半、兵庫橋上、本流を2時間ぐらい歩くが反応が無く釣れたのは1尾だけ。
水は少し濁っていたが・・・それとも昨日の強者どもの仕業か?・・・・。

再度兵庫橋上へ、ここからが凄かった。
2・3尾目は70pが釣れて、引きはまあまあだが、重い重い。

「なんだよ!」
クリックすると元のサイズで表示します

4尾は58pの平均クラスだったが、元気のいいファイターで、とにかく早く泳いで逃げる奴だった。
焦りますね、いくらブレーキ付きのリールでも調整する暇が無く、悲鳴を上げながら逆回転する。
フルラインギリギリまでラインを出され、巻くのに苦労した。
巻いてる途中にスプールが外れ、水中へチャポン。
何とかロッドだけでやり取りをしながら拾い、セットした。
私のリールは構造上ロックが着いてないので、引き気味でハンドルを回す私は常に気にしないとダメみたい。

5尾目は凄かった。
水面をフラフラと回遊しているのが見えたので、フライを手前に流すと素直にパクリ。
(晴天だが雲が時々入ってきたので偏光サングラスは、イーズグリーンでした。)
合わせた瞬間「重い!」暴れたり、走ったりはしないがとにかく重い。
ズシッ、ズシッと引かれ、なかなか寄らない。
やっとネットに入れたが持ち上がらない。
岸に上がり計測すると77p、立派なお腹をしたメタボな鯉が釣れました。
リールの直径は約95o、小さく見えます。
クリックすると元のサイズで表示します


お腹が立派です。
クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影です。「あれれ?」
クリックすると元のサイズで表示します

今度こそ。ピッピッピッ カッシャ!
クリックすると元のサイズで表示します
セルフタイマーは距離感が掴めません。

その後8尾目も70pが釣れて、4本も70センチ級を釣り上げて、筋肉痛で肩が痛いです。




・・・・「んっ誰だ!五十肩だと言っている奴は」・・・。(-_-メ)


0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ