☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2007/12/15

今年最後の釣行  フライで鯉釣り

2007年12月15日(土) 二子玉川
釣果 鯉  4尾

二子に到着すると、二子橋下流に数人のフライマンが集結。
「あんなに大勢で鯉釣り?仲間?誰???」と思いながら釣り支度を済ませ本流へ。
「ありゃ!」皆さんは上流へ移動中、「あのショップのスペイスクールかぁ〜」と集団の目的が分かり一安心。

私は鯉の反応をサーチしながら下流へ。
二子橋下流で鯉のライズが・・・フライを流す・・・「出たぁ〜!」・・・スッポーン!、フライが私めがけ飛んでくる。
「しまった!」「早すぎたか?」空振りでした。
1度失敗しても鯉が気が付いていなければ、またすぐにフライに出るはず。
すぐ上流へフライをキャスト、思ったとおりすぐにフライの下流に鯉の口が出てきた。
「よし!今だ!」、今度はしっかりヒット!

上げてみたら鱗の模様がちょっと変。
クリックすると元のサイズで表示します
鱗の数が極端に少ないからドイツ鯉ですね。

記念なのでツーショットで。
クリックすると元のサイズで表示します

周りには鯉がいないので茶店前へ。
前回、田中さんに勧めたポイント、サーチパンには反応するのに、フライは無視するかなりスレた鯉たちと勝負!
結果は30分ほど粘り、私の勝利。
携帯で写真を撮り、掲示板へすぐに画像をUP。

クリックすると元のサイズで表示します
この写真を撮るために何度も走られ焦りました。

この後は同じポイントで1尾、兵庫橋上で1尾追加し納竿しました。
計4尾でしたが、楽しめた1日でした。

今回で、今年最後の釣行でした。
今年も二子玉川では鯉以外もマルタも釣れ、オイカワも楽しめました。
鯉釣り仲間も増えましたね。

今回で今年の釣行記は最後(だと思う)ですが、ハンドクラフトは続いているのでお楽しみに。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ