☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2008/1/15

ダブルハンドロッドの組立 3  ロッド・メイキング

現在ロッドメイキングで困っていたのが、長いコルクグリップの穴あけ加工でした。

今回も整形済みのグリップを購入し、組み立て後少し削って整えようと思っていましたが、DHロッドはグリップが長い。
色々とネットで調べた結果、あるショップで中心出し棒を見つけました。
説明文を読むと自作できそうなので、職場の大先輩に旋盤をお借りして作ってみました。
長さは20センチ、直径はグリップに予め空いていた穴の直径6ミリと8ミリです。
中心にすり鉢上の穴が空いています。
クリックすると元のサイズで表示します

使い方はグリップの穴に中心出し棒を差し込み、木工用ドリルの先端を中心に当て回しながらゆっくりと穴あけをします。
クリックすると元のサイズで表示します

グリップが長いので反対側からも同じようにします。

クリックすると元のサイズで表示します

最終目標の穴よりも一回り小さく空け、ヤスリで整えました。
中心穴あけ加工精度(ヤスリに比べ、中がボロボロ)と安全性(ケガ防止)から考えると難しいこともありますが、作業効率はかなり上がりました。

これでグリップの穴あけ加工は終了したので、仮組みをしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

リールシート部はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

後は接着してコルクの整形です。
ん!?コルク整形用の旋盤を作らないとダメかぁ〜?・・・どうしよう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ