☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2008/1/26

やっちゃった!  フライで鯉釣り

昨夜はちょっと遅かったので、朝寝をしてお昼前からの出撃でした。

いつものポイントは、上流の工事でカフェオレ色だったので本流へ。
兵庫島のひょうたん池に氷が張っていました。寒いはずです。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、本流の流れにサーチパンを流すが、カモメの襲撃に鯉も沈黙。
下流へ下がり二子橋下流で鯉を発見!
フライを流すが反応なし。

とりあえず各ポイントを流してみるが、鯉の姿すら見えない。
寒いので深みに集まっているのか?
今日はボ○ズの予感が・・・・。



しばらく歩いていると、鯉が居そうなポイントを発見。
河原を歩いていると、左足がぬかるみですべり尻餅をつく。
この時に左手を地面に着いてしまった。
肘を曲げショックを吸収すればよかったが、真直ぐの状態で着いた為に肩の付け根に衝撃が走った。
最近四十肩なのか?左肩がほんの少しだけ動きが鈍くなっていたが、この転んだことでかなり痛みが大きくなった。
(現在では、完全に腕が上がらない状態になってしまった)

それでもまだ釣果がないので川に入り鯉の捜索を・・・・右足に冷たい感覚がじんわりと広がった。
ブーツを見ると、冷たく感じた場所に小さい穴が。

それでも釣果をと、釣れそうな場所を探すが肩がだんだん痛くなり戦意喪失で帰宅することにした。

でもこの写真を撮った時は、まだ余裕があった。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

結果的には肩の痛みによりキャスト時にホールが出来ないし、仮にヒットしても右手だけでは何も出来ないので・・・・・っと言い訳をしていますが。

そうです!
ボ○ズでしたよ!
(;一_一)

11時から13時と、なんと短い釣行だったのだろう。
今日は釣りをしなかったことにしようかな。(^_^メ)
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ