☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2005/1/30

今日も?  フライで鯉釣り

2005年 1月30日(日) 二子玉川 釣果 6尾

「今日も?」、先週の釣果なしを思い出しながら二子玉川に行きました。

北風が強く、水面は波立っていましたが、鯉の回遊ルートは波がない。「釣れるかな?」
初めのうちは真正面に太陽があったので、水面の反射で川の中が見えず鯉を探すのに苦労しました。
しばらく待って、鯉の動きが見えるようになってから、サーチパンで水面を意識している鯉を探します。
さすが二子玉川の鯉、パンでも簡単に食いついてくれません。
しかし、対岸ギリギリ10センチ以内なら食いついてくれます。
当然フライも対岸ギリギリにキャストします。
コントロールの下手な私は、対岸の草木とすぐに握手してしまいます。
うまくフライが落とせれば、鯉が気が付いてくれるのを祈るだけです。

今回フライを吸い込んでくれた鯉は合計7尾、欲張りな鯉が1尾フライを持っていきました。
針のカエシは潰しているので、すぐに口から外れるでしょう。

写真は3週間ぶりに釣れた鯉です。
下の写真は、パンが流れてくるのを待っている小鳥です。(中央、コンクリートの上)
先週、藤田さんのHPでも紹介されています。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2005/1/23

釣果なし (T_T)  フライで鯉釣り

2005年 1月23日(日) 二子玉川 

3年ぶりに、釣果なしの日を迎えてしまいました。(釣行119日目)

今まで何とか1尾以上は釣ってきましたが、今日だけはいつもと違いました。
どの川筋にサーチパンを流しても鯉の反応が無く、二子玉川の東京側を歩き回りました。
鯉のライズを見たのが、あまりにも少ない。3,4回。
気温は4℃ですが、水温は8℃なので低水温の影響ではなく、何が原因か分からず焦ってばかりでした。

鯉を探している途中、本流でダブルハンドのキャスト練習をしている方にお会いしました。
「鯉はあまりにも手軽すぎて・・・・」と言われましたが、二子玉川の鯉はスレているので、なかなか釣れません。
一度経験されるとハマリますよ。 あの引きに(笑)


上の写真は200メータぐらい上流で、ラインブレイクしたフライが私の足下に浮いていました。
ティペットにPEラインを使っているので、落とし主はF沢さんだとすぐに気が付きました。
フックのカエシを潰しておくと、ラインブレイクしたときに鯉から外れやすくなります。

下の写真は新二子橋から撮った物です。
昨年の台風で流れがかなり変わりました。
川の水が濁っていますが、上流の河川工事の影響です。
川底は泥だらけで、歩くと泥が舞い上がります。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/9

邪魔者が・・・  フライで鯉釣り

2005年 1月 9日(土) 二子玉川 釣果 鯉:5尾

冬になると寒いだけではなく、数々の邪魔者が増えます。

1.水温の低下による鯉の低活性。・・・対策無し。

2.ユリカモメの攻撃・・・1羽目が上空に現れたら水面に降りる前に牽制する。

3.午後から風が強くなる。・・・朝は無風に近いので、早起きして釣りに行く。

上記で一番やっかいなのが、ユリカモメです。
1羽目が水面に降りると次々と飛んできて左の下写真の様になります。(1月3日の写真)
こうなると水の中で鯉が驚き釣りになりません。

写真の鯉は52pです。おなかが大きいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/1/3

初釣り会  フライで鯉釣り

2005年 1月 3日(月) 二子玉川
釣果 鯉:3尾

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も[フライで鯉釣り]のスタートです。

初釣りで何とか3尾釣れたので、一安心です。
今日は最初の1尾を釣るのになかなか釣れず、鯉がフライに出ても早あわせ気味で焦っていました。
しかし不思議ですね、1尾釣れるとなぜか次が続きます。
3尾目を釣った後に風が強くなり、水面が波立って釣りになりませんでした。

今日は藤田さんの呼びかけで、二子玉川に仲間が8人も集まりました。
二子玉川の鯉たちは大変だったでしょう。(笑)

写真は今年の1尾目(56p)です。

いないなさんから、初釣り会の集合写真を頂きました。
それぞれみなさんも釣れたので、好調なスタートとなりましたクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



AutoPage最新お知らせ