☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2005/11/19

ちょっと爆釣?  フライで鯉釣り

2005年11月19日(土) 二子玉川 
釣果 鯉4尾

今朝、二子玉川へ自転車で走っていると、町中でも風が強い。
風が強いと水面に波が立ち、鯉を見つけるのが困難と鯉がライズをしなくなる。
今日はボ○ズ?と考えながら二子玉川へ到着。

本流の河原を歩くフライマンの姿、「誰だろう?」と思いながら釣りの準備を始める。
準備完了、「さて、今日も本流へ、えっ!さっきのフライマンが」。
最近、私が唯一1尾は釣っているポイントへ、先に入られた。 _| ̄|○ ボ・・

仕方がないので、鯉はいるけど釣れないポイントへ、しばらく沈黙の中フライを流す。
「ん!」視界に赤く動く物が、水面をウロウロしながら回遊している鯉を発見。
急いでフライを2メータぐらい先に落とすと、珍しいことに素直にパクリ。
釣り上げてみてビックリ!ウロコが極端に少ないドイツ鯉。1尾目57p
ウロコがないところを触ると柔らかく、ちょっと気持ちが悪い。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


本流のポイントを見ると、先行者の姿がないので移動するが、やはり鯉の反応がない。
そのまま下流へ下る。最近行っていなかった通称[いないなプール]へ行ってみた。
足下に1尾の鯉が、フライを落とすとこの鯉も素直にパクリ。2尾目47p。
狭い所なので全域が警戒モード「釣れません」。
さらに下流に移動して3尾目54p。
3尾目を釣った後に空を見上げたら、「空の、あばら骨?」。
先週もちょっと違う雲をS16さんと話しているときに見たが、翌日地震が。

クリックすると元のサイズで表示します

上流の釣れる?ポイントへ戻る。
鯉を発見、フライを流すと「出たー!」ガツンとロッドに重みが伝わると、リールの逆回転が止まらない。
何とかラインコントロールをして、5メーターぐらいまで近づいたが、水面に顔を出さない。
ナイスファイトな鯉で、最近釣れなかったストレスが解消できました。
約10分ぐらいの格闘だったでしょうか、周りにいた見物人も待ちきれなかったのでしょう、釣り上げたらいませんでした。(爆)
今日4尾目は64pの、おデブな鯉でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/11/13

久々の複数釣果  フライで鯉釣り

2005年11月13日(日) 二子玉川 
釣果 鯉2尾

前回まで3連続1尾だったので、今回の目標を2尾以上に設定。(>_<)情けない!

土曜日が寒かったので、ダウンジャケットを着ていったのが間違いでした。
自転車で走っているとだんだんと熱くなり、二子に着いたときは汗だく。
まだまだ冬の格好は早かったようです。
ジャケットを自転車カゴに入れて、身軽な格好で出撃です。

いつものポイントは釣れる鯉がいないので本流へ。
水面の餌にライズしている鯉を発見。
数メーター上流にフライを流すと・・・「あ!」合わせに失敗、しばらく鯉の反応なし。(`´メ)
下流へ移動するが鯉の姿が無いので、さっきのポイントへ。

水面を回遊する鯉を発見、フライを送り込む。
フライに鯉が出た!合わせた瞬間にロッドに伝わるこの重みが最高!

クリックすると元のサイズで表示します

57センチの平均的なサイズ、しかし本流の鯉は引きが強い。(^ヘ^)v満足満足
その後62センチを追加するが後が続かない。

ポイントを大幅に移動する。
ちょうど川向こうにフライマンの姿が・・・S16さんだった。
少し会話を交わした直後、S16さんにヒット!
これは負けられないと自分のフライに集中、しばらくして「ん?」。
S16さんの方を見ると、「バラシちゃいました」と・・・残念!
その後二人で下流へ鯉を探しに行くが反応がイマイチ。
仕方がないので二人でキャスティング練習をしました。

ふと時計を見ると「しまった!もうこんな時間」午後から出かける予定だったので、急いで帰宅。
ちょっと疲れたけど、楽しい釣行でした。

前回壊れたリールは修理しました。

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ新しいリールを・・・「社長!ボーナスお願いしますよ!」(爆)
0



AutoPage最新お知らせ