☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2006/2/19

今年最大記録  フライで鯉釣り

2006年 2月19日(日) 二子玉川
釣果 鯉5尾

先週の釣果に期待して、また同じポイントへ。
昨夜の雨が少し影響したのでしょうか、水温が下がり鯉の活性が低く感じました。
対岸ギリギリを狙い、見切る鯉を追いかけて進行方向先回りしフライを落とすと、3投目で吸い込んでくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

2尾を釣り上げると反応が無くなり、ポイントを移動。
次のポイントでは、鯉がライズしているのを発見。
フライを流し鯉が・・・出たぁ!バッシっと合わせたつもりが、ズボッとすっぽ抜け。
2投目、3投目も?フライを確認したが何も異常なし。
4投目、やっとバッシっと決まる。上げてみると鯉の口が痛んでいるため針が掛からなかったようです。
1尾を釣り上げただけで、鯉たちはどこかへ行ったようなので、次のポイントへ移動。

このポイントは以前はよく釣れていましたが、今はなかなか釣れなくなったところ。
さてどうやって攻めようかと考え、まずはサーチパンを数個投げて様子を見る。
数秒後ライズが数尾で始まる。それを見て焦った私はキャストがうまく出来ず、フライが狙った場所にうまく落とせない。
落ち着いて鯉の進路にフライを落とすと、大きい口が水面に現れフライを吸い込む。
バッシっと合わせることが出来たが「う!重い」、次の瞬間リールが悲鳴を上げながら逆回転する。
なかなか止まらない、これ以上出すとテトラに潜られラインが切れる。
安全な方へ誘導しながら引き寄せると「でかい!70p以上はある」と思いながら慎重に取り込む。
この鯉が今年最長の72pです。

クリックすると元のサイズで表示します

「ど〜よっ!72pだぁー!」(^ヘ^)v

クリックすると元のサイズで表示します
0



AutoPage最新お知らせ