☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2006/4/22

今年の記録更新  フライで鯉釣り

2006年 4月22日(土) 二子玉川
釣果 鯉6尾

最近は暖かくなったので、釣行日は朝早く起きるのが楽になってきました。(平日は辛いけど)

向かい風の強い中、気が付くと多摩川の風景は、河原の春と遠くに見える富士山の雪とのギャップが楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します

8時半頃二子玉川に到着、橋の下を覗くと先週たくさんいた鯉の姿が数尾ほどしか見えない、「産卵が終わって散ったか?」と爆釣の予感で顔がニヤニヤ。(笑)
産卵後は体力回復にため餌を食べるので、水面のエサも気になるようです。

今日は朝から風が強く水面が波立つかなと思いましたが、風の方向がよくポイントは波がなかったので釣りやすかった。
まずはここで1尾を上げる。直後、上流の工事現場から泥水を流し出したので続行不可能。

鯉を探して移動・・・鯉のライズ発見、フライを流すとヒット!(2尾目)
少し下流へ移動し、フライを流しても反応がないので回収しようとラインを引くと突然鯉が横から飛び出してきた。
鯉も反射食いするのかなと思いながら・・・。(3尾目)
場が荒れたので少しずつ移動しながら釣り上げる。
(4・5尾目)
クリックすると元のサイズで表示します

次に移動したポイントは、春の多摩川を楽しもうとした人が多く集まる場所。
ここではかなりの視線が気になるが、それよりキャスト時に後ろのギャラリーを釣らないようにキャスト前には必ず後ろを確認してから行う。
目の前にライズが・・・フライを近くに落とす、引き波がフライに近づく、口が水面から出てフライを吸い込む、「フライが消えた」と思った瞬間合わせると鯉の重みが伝わる。
鯉は左右に走り、近づいては走りを繰り返し、最後にはテトラの間に逃げ込む。
こちらはテトラでラインが切れないように、鯉を追いかける。
さすがの鯉も疲れたらしくネットイン。
サイズは76センチ、今年の記録を更新。
後ろで見ていたギャラリーが拍手をしてくれて、鯉の写真まで撮っていった。
その人が「写真を撮ると自分が釣ったみたいだ」と笑っていた。
釣ったのは私ですが(゜_゜;)・・・、とにかく、お腹が大きいおデブな鯉でした。(^o^)

クリックすると元のサイズで表示します
0



AutoPage最新お知らせ