☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2007/10/31 | 投稿者: きむら

オリジナルのグリップをデザイン?しました。
グリップは桜、フレームは檜です。
クリックすると元のサイズで表示します

フレームだけで終わるかも。
0

2007/10/28 | 投稿者: きむら

2007年10月28日(日) 二子玉川
釣果 鯉  8尾

朝起きて多摩川の水位をインターネットで調べます。
水位は通常水位近くまで下がっていました。
国土交通省:川の防災情報、全国版なのでこちらからどうぞ。

先週の釣果を期待をしつつ、昨日時速80キロ以上の速さで関東の南岸を通過した台風20号の影響を心配しながら二子玉川へ出撃してきました。
多摩川に着いて、思わず「やば!カフェオレだ!」。
多摩川はミルクたっぷりのカフェオレ色に染まっていました。
ガックリしながらも周りを見渡すと、遠くにクッキリと富士山が見えました。
台風通過で空気がきれいになったのでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらく進むと本流と支流の合流点です。
支流は川の全長が短い分、濁りの解消が早いようです。
本流(奥)と支流(手前)の境目がハッキリ見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

いつものポイントは濁りも無く、鯉の姿も見え釣れそうな感じです。
開始直後、水面を意識している鯉を発見、フライを流すと素直にパクリ。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらくポンポンと釣れてきたら上空がうるさい。
見上げると編隊で飛んでいるヘリコプターが・・・。
自衛隊のイベントだったのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

昼を過ぎたころに師匠が到着、遅れてたなーかさんが到着。
師匠は開始直後、立て続けに4尾を上げています。
さすがですね。

たなーかさんのやり取りを見守る師匠。
「橋の上からは、多くのギャラリーが見守っていますよー!」
クリックすると元のサイズで表示します


しばらく3人で釣っていましたが、ふと時計を見ると14時! \(◎o◎)/!
タイムUPです、急いで帰宅しました。(ToT)/~~~

フライマンから、チョイ悪パパに戻ります。(爆)
最近、妻が「チョイ悪おやじじゃなく、チョー悪おやじだ!」と言っています。(;一_一)

0

2007/10/24 | 投稿者: きむら


溝を三角ヤスリで削っています。
クリックすると元のサイズで表示します

ヤスリを角材に接着剤で貼り付け、ヤスリの両脇に鉄板を貼り付けた道具を作り、ゆっくりと削っていきます。
クリックすると元のサイズで表示します

見えますか?三角に削られた溝。
クリックすると元のサイズで表示します

見えませんよね!(笑)
ヤスリが中目のため、なかなか削れません。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/20 | 投稿者: きむら

2007年10月20日(土) 二子玉川
釣果 鯉 11尾

今日は、2006年4月30日以来のツ抜けでした。

昨夜の雨が気になりましたが、水位も上がらず多少の濁りがあるぐらいだろうと思い、出撃してきました。
富士山が見えました。雪化粧でしょうか?頂上付近が白くなっています。
画像では分かりにくいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

ボ○ズだけは避けたいと思っていたら、なんと爆釣でした。
10尾ぐらいで爆釣!?と思われるかもしれませんが、このポイントの鯉はかなりスレているので、簡単には釣れません。

今日の勝因は水に少しの濁りが入り、水面から30センチの下は見えないぐらいですが、これがちょうど目隠しになり釣り人の気配が消せたのでしょう。
サーチパンやフライは、水中からはシルエットで鯉は認識できるようです。
私からはフライがくっきり見えました。
晴天だったので偏光サングラスはラスターブラウン。

釣り始めてポツポツと釣れていましたが、ちょっと下流に水面をクルージングしている鯉を発見!
ここは遠投してでも狙わねば!!
「シュート!」スルスルじゃないなく、ズルズルと伸びたラインがベストポジジョンにフライを運んだ。
鯉がフライを・・・・・中略・・・・・今日最大の74センチ。
クリックすると元のサイズで表示します
近くにいた人に撮ってもらいました。

タイムアップまで合計11尾。バラシは2尾。
実は隣のポイントに見かけないフライマンがいたので、声を掛けようと思っていましたが、次々と釣れ始めたので声を掛け損ねました。
なかなかポイントから動けませんでしたからね。(^_^メ)

0

2007/10/19 | 投稿者: きむら


組み立てが終わり、上面を削っています。
クリックすると元のサイズで表示します

鉄製のLアングルは上面が平らになっていないので、ヤスリで削っています。

クリックすると元のサイズで表示します

市販品は鉄の角材を使っていますが、高価なのでLアングルを使ってみましたが、ちょっとした問題が見つかりました。
溝を引っ張るネジ(プルピン)は木材に食い込んでしまいます。

そこで考えたのが、ネジをパイプに入れてセットしました。
写真で木材からネジ頭が浮いて見えますが、パイプが入っているので浮いていてもネジが締まります。
クリックすると元のサイズで表示します


ふりーすとんさんからいただいたコメントです。
> なるほど、ベースは木でアングルは鉄?製ですか。
> 三つの穴はプッシュピン、プルピン、それにダウエルピン用ですね。
> 完成が楽しみですね。

アングルは鉄製です。
錆びないように、削っては油を付けてます。
問題は三角の溝ですね。どれぐらい削るのか悩んでいます。
完成するのでしょうか?(笑)

あ!カンナのこと忘れてた・・・・・。\(◎o◎)/!
0

2007/10/17 | 投稿者: きむら


ほぼ100円均一のダイソーで、カウンタを見つけました。
クリックすると元のサイズで表示します

桁数は3桁000〜999までなので、管理釣り場などの釣果数を数えるのに、ちょうどいいかと思い・・・・「管理釣り場に行かないだろ!」と言われそうですが、100円だったので購入。
二桁も要らないですがオイカワ釣りにでも使いますかねぇ〜。

ダイソーの文具コーナーにあると思います。
ダイソーは高額商品も扱っているお店もあるので、注意してくださいね。(;一_一)
0

2007/10/14 | 投稿者: きむら

2007年10月14日(日) 二子玉川
釣果 鯉 4尾

先の台風通過後、初めて本流で釣り上げました。
クリックすると元のサイズで表示します

やはり本流の流れで鍛えられている鯉は、違いますね!(^−^)
特に2尾目の鯉は走られて、フルライン+ランニングと40メーターぐらいラインが出たかな?
大きさは62センチとアベレージサイズだけど、元気のいい奴で「これぞフライで鯉の醍醐味!」と言ってもいいぐらいの引きの強さを楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します

本流で釣れたので、本流の前に釣れなかった兵庫橋上のポイントを再度挑戦しました。
「お!今朝いたカモはいなくなったな」と喜んでサーチパンを少量流すと、ライズが・・・。
水温が上がったのか?鯉も水面に興味が出たらしく釣れそうな予感。

鯉の影を偏光サングラス(曇り:イーズグリーン)で見つけ、フライを送り込む。
フライを見つめ、鯉が出るのをじっと待っている私の横を何かが横切った。
「あ!!・・・また奴か」水面を一生懸命に泳ぐカモ。
かわいい奴なんだけど、サーチパンは全部横取りするし、フライもパンだと思い近づいては鯉を逃がす。
こいつには集中力を乱され釣果が伸びませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

実力かな?(;一_一)

0

2007/10/10 | 投稿者: きむら


ゴソゴソと、なにやら作っています。

クリックすると元のサイズで表示します


何を作っているのかが分かるのは、ふりーすとんさんだけでしょうか?(笑)
0

2007/10/7 | 投稿者: きむら

2007年10月 7日(日) 二子玉川
釣果 鯉 2尾

今日はバラシが多い日でした。
3つまでは数えていましたが、それ以上はテンションを下げないためにも数えるのを止めました。(笑)
ん!3つ以上数えられないって?<(`^´)>

今回のバラシで強烈に覚えているのが、二つあります。
ひとつは、さっきからフライに興味を持っている鯉がウロチョロしています。
ここでフライをチェンジして、鯉を誘います。
しばらくして、ヒット!・・・「ヤバい!潜られる!」と思った瞬間、護岸が崩れ水面に数本倒れこんでいる竹に突進。
こうなるとフライラインを守るため、ロッドを真っ直ぐにしてティペットを切らせます。
この様子を久しぶりにお会いした、フジサワサンに見られてしまいました。(笑)
フジさん「カメラを構えた瞬間、プッツンでした。(笑)」 撮られなくてよかった。(^^ゞ

もうひとつは、昼過ぎになかなか続きが釣れなく焦っていたときに、兵庫橋の上から家族連れが「あそこに鯉が居る」と騒いでいるので、見えるかな?と思いチラッと見たら、サーチパンに反応している鯉が・・・・。
これは狙うしかない。ちょっと遠投だったが何とかフライを近くに落とすことが出来た。
で、鯉がフライに近づくと橋の上では「来た!来た!」と大騒ぎ。(笑)

フライに近づく鯉の姿はバッチリ確認出来ました。
(偏光カラー:ラスターブラウン)

フライの後ろに大きく開けた口が・・・フライが見えなくなって「今だ!」とグットタイミングの合わせに鯉が反転、ティペットがフライの結び目でプッツン!
橋の上では「あ!、あぁ〜あ!」と・・・・。恥ずかしーい(^_^;)
ヒットしていたらプチヒーローだったかな?(爆)

さて釣果ですが、2尾で終わりました。バラシが無ければ爆釣だったのかな?

2尾目は70センチと大型でした。
クリックすると元のサイズで表示します

立派な尾びれです。私の手は大きいほうだと思いますが、この尾びれでグイグイとラインを引いてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

また遊んでねぇ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は久しぶりに、いちろーさんにお会いしました。
クリックすると元のサイズで表示します

いちろーさんに頂いた画像です。
クリックすると元のサイズで表示します

本流の護岸が、根こそぎ流されています。
クリックすると元のサイズで表示します

本流の濁りがなかなか治まりませんね。
原因が解りました。
奥山さんのブログに奥多摩湖の様子がUPされていました。
奥多摩湖の濁りが続く限り二子玉川もダメですね。
この濁りでは、しばらく観察ケースの出番は無いかな?


0




AutoPage最新お知らせ