☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2007/10/7 | 投稿者: きむら

2007年10月 7日(日) 二子玉川
釣果 鯉 2尾

今日はバラシが多い日でした。
3つまでは数えていましたが、それ以上はテンションを下げないためにも数えるのを止めました。(笑)
ん!3つ以上数えられないって?<(`^´)>

今回のバラシで強烈に覚えているのが、二つあります。
ひとつは、さっきからフライに興味を持っている鯉がウロチョロしています。
ここでフライをチェンジして、鯉を誘います。
しばらくして、ヒット!・・・「ヤバい!潜られる!」と思った瞬間、護岸が崩れ水面に数本倒れこんでいる竹に突進。
こうなるとフライラインを守るため、ロッドを真っ直ぐにしてティペットを切らせます。
この様子を久しぶりにお会いした、フジサワサンに見られてしまいました。(笑)
フジさん「カメラを構えた瞬間、プッツンでした。(笑)」 撮られなくてよかった。(^^ゞ

もうひとつは、昼過ぎになかなか続きが釣れなく焦っていたときに、兵庫橋の上から家族連れが「あそこに鯉が居る」と騒いでいるので、見えるかな?と思いチラッと見たら、サーチパンに反応している鯉が・・・・。
これは狙うしかない。ちょっと遠投だったが何とかフライを近くに落とすことが出来た。
で、鯉がフライに近づくと橋の上では「来た!来た!」と大騒ぎ。(笑)

フライに近づく鯉の姿はバッチリ確認出来ました。
(偏光カラー:ラスターブラウン)

フライの後ろに大きく開けた口が・・・フライが見えなくなって「今だ!」とグットタイミングの合わせに鯉が反転、ティペットがフライの結び目でプッツン!
橋の上では「あ!、あぁ〜あ!」と・・・・。恥ずかしーい(^_^;)
ヒットしていたらプチヒーローだったかな?(爆)

さて釣果ですが、2尾で終わりました。バラシが無ければ爆釣だったのかな?

2尾目は70センチと大型でした。
クリックすると元のサイズで表示します

立派な尾びれです。私の手は大きいほうだと思いますが、この尾びれでグイグイとラインを引いてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

また遊んでねぇ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は久しぶりに、いちろーさんにお会いしました。
クリックすると元のサイズで表示します

いちろーさんに頂いた画像です。
クリックすると元のサイズで表示します

本流の護岸が、根こそぎ流されています。
クリックすると元のサイズで表示します

本流の濁りがなかなか治まりませんね。
原因が解りました。
奥山さんのブログに奥多摩湖の様子がUPされていました。
奥多摩湖の濁りが続く限り二子玉川もダメですね。
この濁りでは、しばらく観察ケースの出番は無いかな?


0




AutoPage最新お知らせ