☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2008/1/27

ダブルハンドロッドの組立 4  ロッド・メイキング

今回「ついでに」で作った簡単な旋盤で、グリップの整形を行いました。

長い板の上に、ハンドドリル固定台とロッド受け台をセットして、ロッドを装着。
作業台に乗せて固定します。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


0

2008/1/26

やっちゃった!  フライで鯉釣り

昨夜はちょっと遅かったので、朝寝をしてお昼前からの出撃でした。

いつものポイントは、上流の工事でカフェオレ色だったので本流へ。
兵庫島のひょうたん池に氷が張っていました。寒いはずです。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、本流の流れにサーチパンを流すが、カモメの襲撃に鯉も沈黙。
下流へ下がり二子橋下流で鯉を発見!
フライを流すが反応なし。

とりあえず各ポイントを流してみるが、鯉の姿すら見えない。
寒いので深みに集まっているのか?
今日はボ○ズの予感が・・・・。


0

2008/1/26

ついでに2  ハンド・クラフト

ロッドの受け側も完成しました。

クランプで留めているのは、高さを調整できるようにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

穴の内側にはテフロンテープを貼り付けています。
クリックすると元のサイズで表示します

ロッド側にはゴム製のパイプにテフロンテープを貼り付けて、滑りやすくしています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うまく削れるでしょうか?
0

2008/1/24

ついでに  ハンド・クラフト

ダブルハンドロッドのグリップを整形するために、ハンドドリルの固定台を作っています。
クリックすると元のサイズで表示します

ロッドの受け台を作れば、簡単な旋盤の出来上がりです。
うまく出来るかなぁ〜
0

2008/1/15

ダブルハンドロッドの組立 3  ロッド・メイキング

現在ロッドメイキングで困っていたのが、長いコルクグリップの穴あけ加工でした。

今回も整形済みのグリップを購入し、組み立て後少し削って整えようと思っていましたが、DHロッドはグリップが長い。
色々とネットで調べた結果、あるショップで中心出し棒を見つけました。
説明文を読むと自作できそうなので、職場の大先輩に旋盤をお借りして作ってみました。
長さは20センチ、直径はグリップに予め空いていた穴の直径6ミリと8ミリです。
中心にすり鉢上の穴が空いています。
クリックすると元のサイズで表示します

使い方はグリップの穴に中心出し棒を差し込み、木工用ドリルの先端を中心に当て回しながらゆっくりと穴あけをします。
クリックすると元のサイズで表示します

グリップが長いので反対側からも同じようにします。

クリックすると元のサイズで表示します

最終目標の穴よりも一回り小さく空け、ヤスリで整えました。
中心穴あけ加工精度(ヤスリに比べ、中がボロボロ)と安全性(ケガ防止)から考えると難しいこともありますが、作業効率はかなり上がりました。

これでグリップの穴あけ加工は終了したので、仮組みをしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

リールシート部はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

後は接着してコルクの整形です。
ん!?コルク整形用の旋盤を作らないとダメかぁ〜?・・・どうしよう。
0



AutoPage最新お知らせ