☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2008/4/29 | 投稿者: きむら

2008年 4月29日(火) 二子玉川
釣果 マルタ  5尾

前回の釣行でマルタを目の前にして釣れなかったので、挑戦してきました。
藤田さんから譲り受けた#10/11スペイSTヘッドのテストが主な目的でしたが、どうせやるならマルタを。

二子玉川に着いたらなんだか大騒ぎ、兵庫島でフリーマーケットが行われていましたが、川の中にいたので何も見えません。

いつものポイントでシングルハンドロッドで鯉の様子を探るが異常なし。
鯉の気配が少なく、釣れる気がしない。

先日にマルタが溜まっている場所へ行くと今日もいた。
当然狙うしかないでしょう。(^O^)/

シングルハンドロッドをダブルハンドロッドにチェンジ。

早速、ラインとロッド相性をチェック、ぶっ飛びます。
スペイキャストはできないので、オーバーヘッドで軽く振るだけで飛んでいきました。

さて、目の前にいるマルタを狙います。
なかなか釣れません。
先日入れ食いだったフライマンの釣り方を思い出しながら群れの中へフライを送り込むと、根掛かり?
ラインが下流へ流れたので、ヒット?・・・でした。
スレかなと思っていたら、フライが口に。
クリックすると元のサイズで表示します

その後4尾追加しましたが、全部スレでした。
釣上げたマルタを川岸で遊んでいた子供たちに見せてあげたら、喜んで触っていました。

この時期は川原で遊んでいる人が多く、水に入ったりしてフライマンのすぐ後ろに来ていることがあります。
バックキャストは毎回後ろを確認しましょう。

GW後半にもう1回マルタを狙おうかな?

 
0

2008/4/27 | 投稿者: きむら

2008年 4月26日(日) 二子玉川
釣果 鯉  1尾

朝起きて肌寒かった。
なんとなく行く気が出てこない。
仕事の疲れが残りストレス解消になればと出撃した。

二子玉川に着くと南からの強い風で波立っている。
何とか1尾だけでもと思いながら先週好調だったポイントへ。
鯉の姿が見えない。見えても川底の餌を食べているので水面には興味がない。

諦めて本流へ。
先週と違って濁りもなく流れも速くないが、まだ水位は20センチは高い。
サーチパンで鯉を確認する。
「おお!やっぱりここに集まっていたか」
川原の様子を見ると対岸の川崎側でBBQの若者たちが投石したり、水に入って騒いでいる。
こちらに非難していたらしい。
都会の川では川の中だけではなく、川原の状況も確認すると鯉を探すのが簡単。

フライを送り込むと数回見切られる。
かなりスレている。
やっとヒット!早い流れの中に逃げ込まれ苦戦。
なかなかのサイズでした。58センチ
クリックすると元のサイズで表示します

で、続きを・・・・鯉はみんなどこかへ行ってしまいました。

しばらく各ポイントを回りますが、異常なし。


二子橋上流でフライマンがマルタをポンポンと釣っている。
今日はマルタ用のフライは待ってきていないが、フライパッチにマルタフライが。
早速やってみたが釣れない。
やっぱりマルタはフライを沈めるのでやりにくい。
ドライが好きな私には無理か?と思っていたらヒット! バッチ・・・合わせ切れ。

「帰ろうかな?」「空も暗くなり雨が降りそうだ」と携帯で雨情報を見るとまだ降りそうもない。
もう少し鯉を狙うか。

最初のポイントへ。
フライを付け直し鯉を探す。
ここで師匠が到着。先週爆釣したので今週も二子へ来られたようだ。
しばらく一緒に釣りをしたが時間となり帰宅した。
クリックすると元のサイズで表示します

帰り道、とうとう雨が降り出した。
思っていたより1時間ぐらい早く降ったので濡れてしまった。
ストレスが解消どころか余計溜まってしまった。
GWにもう一度マルタを狙ってみるかな?どうせ釣れないけど。

P.S.
二子の河原はどんどん春っぽくなって来ましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/22 | 投稿者: きむら

2008年 4月20日(日) 二子玉川
釣果 鯉  7尾

鯉救出作戦が中止になり、予定より少し遅めに二子へ。
8:30頃到着すると延べ竿で鯉を狙っている釣り人が。
田中さんでした。
私が「釣れました?」と聞くと「5つ」と田中さん、私「・・・・・」
頭の中で作戦が崩れた。(>_<)

このポイントで先に5つ上げられると、鯉はすでに警戒モード。
この時期は産卵のためバシャバシャとやっているので、まだましかな?と思いつつしばらく流すが当たりなし。
ここは諦めて田中さんと一緒に本流へ、二子橋下の鯉避難所に。
鯉はいましたがフライには出ません。

私は本流を下り茶店前へ。
いました鯉がサーチパンに反応しています。
左側にテトラがあるので、逃げ込まれると嫌だなと思いながらフライを流すと
ヒット!・・・数秒後テトラに逃げ込まれラインブレイク。
嫌な予感が的中。(^O^)/大当たり〜

しばらく流すが、かなり下流でサーチパンに鯉が・・・。
諦めました。

また最初のポイントへ戻り、鯉の観察をすると、なんだか暇そうな奴がいるんですよ。
フライを目の前に流すとゆっくりと近づきパクリ。
ヒット!>>>鯉は全速力で逃げ回り、焦ってしまった。
何とか寄せてキャッチ。63センチのファイターでした。

その後ポンポンと釣れて4尾目に71センチ。
クリックすると元のサイズで表示します

5尾目も釣上げて満足し本流へ戻る。
ちょっと前にS16さんから「強風だけと来ちゃいました」と電話が入り様子を聞こうと探したら、川崎側にフライマンが、S16さんと思い電話したら人違い。
誰だろうと思いつつ良く見ると、腰にネットが見えたので師匠だとわかりS16さんに伝えた。
しばらくして師匠から電話が、「東京側は渋いですが5尾上げました」と報告。
本流の流れのゆるいところで鯉を追加。

もう一度最初のポイントへ戻り、食い気のある鯉を探していると
ゆっくりでもなく慌てているわけでもないスピードで泳いでいる鯉を発見。
「あれはきっと釣れる!」と思いフライを流すとヒット!
久しぶりの重量感、全然寄せることが出来ない。
この時期によく見ることが出来るが、釣られて焦っている鯉にオスと思われる鯉が5尾ぐらいがまとわり着いてジャマをする。
彼らには産卵行動だと間違えているようだ。
しかしまだ寄って来ない・・・「お!観念したか?」とネットを出すが逃げる。
数回これを繰り返していたら、針が伸びてバラす事を思い出し余計緊張してしまった。(笑)

鯉も疲れてきたのか動きが鈍くなってきたので、やっとネットIN。

サイズを測るため岸に向かうと、対岸の川崎側で釣りをしていた師匠が駆け寄って「カメラ、カメラ」と言われ、カメラを渡して撮っていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

師匠からバイクで川崎側から兵庫橋に到着したときに、橋の上に立ち止まって流れを眺める人が大勢居たので、ひょっとしてきむらさん?と思い川を覗いたら、きむらさんが大物と格闘中。
慌てて私のところに駆け寄ったと言われ、うれしかったです。

久ぶりに釣ったその大物はこちら。
75センチです。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと背中が曲がっていますが、大物です。
ちなみにリールの直径は95ミリです。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日の月曜日は右腕がパンパンになって筋肉痛です。
あれ?筋肉痛って翌々日じゃなかったけ?
俺ってまだまだ若い?(爆)
0

2008/4/19 | 投稿者: きむら

明日予定していました、鯉救出作戦は中止になりました。

いないなさんから連絡が入り、昨日の雨で多摩川が増水し、プールに鯉がいるか分からなくなったそうです。
「行くよ!」と言っていただいた方、参加されるつもりでいた方は残念ですが中止となってしまいました。
ありがとうございました。
しかし、釣りが中止となった訳ではありません。
私は明日、二子玉川に出撃するつもりです。
たぶん東京側です。


以下はいないなさんのコメントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二子橋下のプールの様子をのぞきに行って来ましたが、鯉の姿は確認できませんでした。
おそらく先日の増水で脱出したものと思われます。
ということで、作戦は取りやめとします。
明日は、まだ増水&濁りがあると思いますが、楽しい釣りをやりましょう!
ありがとうございました。

 
0

2008/4/16 | 投稿者: きむら

鯉釣り仲間のinainaさんからの呼びかけで「鯉救出作戦!」を行います。

私も参加する予定です。
救出後はのんびりと鯉釣りだと思います。
場所は二子橋の川崎側、駐車場の河原です。

大人が水たまりで大騒ぎしているのですぐに分かると思います。

以下、inainaさんのコメントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二子橋下のプールに取り残された鯉を救出しましょう!

クリックすると元のサイズで表示します

かなりの鯉が、入り込んでいます。おそらく100匹はいるでしょう。
伏流水があるようで、水位は急激には下がっていませんが、このまま雨が降らないとと干上がってしまいます。

日時 4月20日(日)AM8:00〜
場所は、二子橋下流の川崎側の川原です。
結構大物がいますので、ネットが破れてもお許し下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/georick2002/54440208.html



0

2008/4/13 | 投稿者: きむら

2008年 4月12日(土) 二子玉川
釣果 鯉  4尾 

木曜日の雨のためマルタの活性が高まるかも?と仲間から聞いて、前回のリベンジと張り切ってDHロッドだけを持って出撃しました。
多摩川が見えてきたら、自分の判断が間違っていた事に気が付いた。
本流は笹濁りで増水&流れが速い。
クリックすると元のサイズで表示します

二子玉川の駐輪場に着いて野川を覗くと、濁りもなく透明度が高い。
鯉の姿を見るとかなりの数が集まっている。
普段なら「今日は爆釣だぁ〜!」と思うが、この時期は「この数のうちどれだけが食い気があるかな?」と不安になる。
鯉さん達は食欲よりも子孫を残すため、あちらこちらでバシャバシャとやっている。

集団で泳いでいるのは、先頭がメスで数尾のオスが追いかけているように見えるが、群れの最後にやる気のないオスがたまにいる。
このオスはサーチパンやフライに出ることがあるので、バシャバシャとやっているすぐ脇をフライを流す。
なかなか釣れませんね。

やっとフライへのアタックが・・・カメでした。
クリックすると元のサイズで表示します

その後鯉がやっと釣れました(写真撮り忘れ)が、釣れる気がしないので本流へ。

流れの緩やかな岸際に鯉が避難している事があるので探しましたが、数尾の鯉は発見できましたが濁りのためフライには出てくれませんでした。
ここで偏光サングラスの感想を。
今回みたいな笹濁りのときはイーズグリーンが良いようです。
濁っているのですからハッキリと魚は見えませんが、黒い影が動くのが確認しやすいです。(これは個人的な感想です)


さっきまで思いっきり投げられなかったので、本流でストレス解消です。
スペイ?とんでもない、オーバーヘッドでラインの重さ感じ取りながら仕事のストレスと一緒に遠くへ飛ばしました。
これでストレスも水に流れたでしょう。

下流にDHロッドのキャスレをしている人を発見。
ちょうど帰り支度しているところでしたが、顔見知りの方なので挨拶を。
「あれ?ロッドが長いんじゃないの?」「ハイ!DHです」「長いと取り込みが大変だと言っていなかった?」「実はブランクを手に入れたので・・・」
その方は新しいDHロッドを購入されたので練習をされていたそうです。
ロッドのメーカーを見て私には手が出せない高級なロッドでした。
とてもうれしそうな顔をされていたのが印象的でした。

さてお昼も近くなり、そろそろ鯉の釣果を追加しないと思っていたら藤田さんから「今どこにいるの?」と電話が入り、お願いしていたヤーンと使わなくなったフライラインを譲っていただきました。

最初のポイントに戻ると鯉達が落ち着いているのでフライを流すとヒット。
55センチの元気のいい奴でした。
写真を撮ろうとしたら、落ち着きのない奴ですぐにひっくり返るのでこんな写真が。(笑)
口を支点に逆立ちする気か?
クリックすると元のサイズで表示します

次に釣れた鯉はお腹がちょっとメタボ。
そろそろ産卵でしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

14日に追加)
藤田さんから頂きました。
ロッドの先端がフレームから外れている。(爆)長すぎですね。

クリックすると元のサイズで表示します

次の鯉は上流に入られた藤田さんとダブルでした。
クリックすると元のサイズで表示します

私の鯉(下)がちょっとだけ大きかったです。(^o^)v
クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/4/6 | 投稿者: きむら

2008年 4月 6日(日) 二子玉川
釣果 鯉  1尾 マルタ3尾

今日は「フライで鯉を釣る」のオフ会です。
お花見としてこの季節に行いますが、二子玉川の河原には桜はありません。
遠目で桜の木を見ながら、ビールで乾杯です。
集まったのは、行安さん、藤田さん、いないなさん、私に、F澤さんの5人。
クリックすると元のサイズで表示します

みなさんが持ち寄ったおつまみを食べながら、懐かしい話や鯉釣りの話など楽しい時間を過ごしました。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、我々は釣り人の集まりで目の前は川です。
河原に集まり、酒を飲みに来ているわけではありません。
(おひとりワインを飲み過ぎて、首まで真っ赤になった人もいましたが・・・)
そうです!春の魚「マルタ」を釣ります。
クリックすると元のサイズで表示します

どうやら先週がピークだったらしく、マルタの姿が少なく、へたくそな私は一人だけ釣れずかなり焦っていました。
餌釣りの先行者に「1匹だけ釣らせてm(__)m」とお願いしてポイントを譲ってもらっても釣れない。
焦りを通り越して諦めて鯉釣りに変えようかなとも思いましたが、譲っていただいた方や仲間の声援で気持ちを立て直し、釣りに集中しました。

釣り初めて数回、地球で最大の物を釣っていたので、今回も「根掛かり?」と思ったぐらい重さを感じたがラインが下流へ流れている。
「あ!ヒット!!」と自分がビックリしていた。(爆)
下流や上流に逃げ回りようやく流れの緩やかなところへ誘い込みキャッチ。
クリックすると元のサイズで表示します

サイズは56pの大物、うれしかったぁ〜。ヘ(^o^)/
クリックすると元のサイズで表示します

結局マルタを3尾上げることが出来ました。
しかし3尾ともスレだったので、次回はマルタに食べていただけるようなフライを用意しないと・・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

楽しい時間はすぐに過ぎて行きます。
5時になったので私は帰宅することに。
みなさんと別れ、川を下りながら川の中を見るとマルタがいますが釣れませんでした。

帰り道の二子玉川は夕日がきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示します

さて次回のイベントはBBQです。
仲間がたくさん集まると良いなぁ〜。

0

2008/4/1 | 投稿者: きむら

今年もお花見だ〜!
鯉釣りファン、集合!今年もお花見です。
参加自由、もちろん鯉釣りもやります。
いわゆる[オフ会]ですが
何か企画があるわけでもなく、ただワイワイと・・・

フライで鯉を釣る」のオフ会のお知らせです。

開催日:4月6日(日)サクラはちょっと心配ですが・・
時間:11時頃現地集合
場所:多摩川[二子橋]上流の右岸河川敷(2006年のBBQと同じ所です)

詳しくはこちらからどうぞ

当日にお酒を飲まれる方は飲酒運転の防止のため、公共の交通機関をご利用ください。

0




AutoPage最新お知らせ