☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2008/4/13

予想外の増水で  フライで鯉釣り

2008年 4月12日(土) 二子玉川
釣果 鯉  4尾 

木曜日の雨のためマルタの活性が高まるかも?と仲間から聞いて、前回のリベンジと張り切ってDHロッドだけを持って出撃しました。
多摩川が見えてきたら、自分の判断が間違っていた事に気が付いた。
本流は笹濁りで増水&流れが速い。
クリックすると元のサイズで表示します

二子玉川の駐輪場に着いて野川を覗くと、濁りもなく透明度が高い。
鯉の姿を見るとかなりの数が集まっている。
普段なら「今日は爆釣だぁ〜!」と思うが、この時期は「この数のうちどれだけが食い気があるかな?」と不安になる。
鯉さん達は食欲よりも子孫を残すため、あちらこちらでバシャバシャとやっている。

集団で泳いでいるのは、先頭がメスで数尾のオスが追いかけているように見えるが、群れの最後にやる気のないオスがたまにいる。
このオスはサーチパンやフライに出ることがあるので、バシャバシャとやっているすぐ脇をフライを流す。
なかなか釣れませんね。

やっとフライへのアタックが・・・カメでした。
クリックすると元のサイズで表示します

その後鯉がやっと釣れました(写真撮り忘れ)が、釣れる気がしないので本流へ。

流れの緩やかな岸際に鯉が避難している事があるので探しましたが、数尾の鯉は発見できましたが濁りのためフライには出てくれませんでした。
ここで偏光サングラスの感想を。
今回みたいな笹濁りのときはイーズグリーンが良いようです。
濁っているのですからハッキリと魚は見えませんが、黒い影が動くのが確認しやすいです。(これは個人的な感想です)


さっきまで思いっきり投げられなかったので、本流でストレス解消です。
スペイ?とんでもない、オーバーヘッドでラインの重さ感じ取りながら仕事のストレスと一緒に遠くへ飛ばしました。
これでストレスも水に流れたでしょう。

下流にDHロッドのキャスレをしている人を発見。
ちょうど帰り支度しているところでしたが、顔見知りの方なので挨拶を。
「あれ?ロッドが長いんじゃないの?」「ハイ!DHです」「長いと取り込みが大変だと言っていなかった?」「実はブランクを手に入れたので・・・」
その方は新しいDHロッドを購入されたので練習をされていたそうです。
ロッドのメーカーを見て私には手が出せない高級なロッドでした。
とてもうれしそうな顔をされていたのが印象的でした。

さてお昼も近くなり、そろそろ鯉の釣果を追加しないと思っていたら藤田さんから「今どこにいるの?」と電話が入り、お願いしていたヤーンと使わなくなったフライラインを譲っていただきました。

最初のポイントに戻ると鯉達が落ち着いているのでフライを流すとヒット。
55センチの元気のいい奴でした。
写真を撮ろうとしたら、落ち着きのない奴ですぐにひっくり返るのでこんな写真が。(笑)
口を支点に逆立ちする気か?
クリックすると元のサイズで表示します

次に釣れた鯉はお腹がちょっとメタボ。
そろそろ産卵でしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

14日に追加)
藤田さんから頂きました。
ロッドの先端がフレームから外れている。(爆)長すぎですね。

クリックすると元のサイズで表示します

次の鯉は上流に入られた藤田さんとダブルでした。
クリックすると元のサイズで表示します

私の鯉(下)がちょっとだけ大きかったです。(^o^)v
クリックすると元のサイズで表示します

0



AutoPage最新お知らせ