☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2006/4/16

釣果報告  フライで鯉釣り

2006年 4月16日(日) 二子玉川
釣果 鯉2尾

今日は午後から家族と出かけるはずでしたが、妻が急に体調不良で寝込み中止。
子供達もゲームに夢中・・・と言うことは・・・お父さんは・・・。
「釣りに行ってきまーす!」と、はりきって出撃。(妻の様子を確認後)

二子玉川に着いたのが午後3時、駐輪場の下を覗くと大量の鯉が・・・。
川の浅瀬に集まっていました。こんなに多量の鯉の群れを見たのは初めて、ちょっとビックリ。
試しにパンを投げてみましたが、無視。子作りで疲れているのか元気がありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の釣行は、リンクをしていただいている ふりーすとんさんのBBSで小魚用のフライで鯉が釣れるかと言う課題を検証しました。
#4ロッドと#8ロッドの2本を持って、ポイントの移動時の浅瀬にオイカワを狙いましたが、雨と冷たい風の影響でしょうか?釣れませんでした。
で、オイカワ用のフライを鯉の上を通過させても鯉は無視、試しにフライや食パンを投げても無視していたので、結果は?でした。(笑)

その後鯉を1匹釣り上げて、一安心。(ボ○ズじゃなかった)

クリックすると元のサイズで表示します

本流で釣りをしている藤田さんの所へ。
色々お話しをして「では、私は上流へ」と挨拶を済ませ少し歩いたら、後ろから呼ぶ声が。どうやら大物が掛かったらしい。
急いで戻って写真を数枚撮ったら、「ここやってみる?」と言われたので挑戦してみた。
藤田さんが釣った直後だったが、鯉の気配はなくならず単発なライズがいくつもあった。
ここでの釣りは、私が一番苦手とするラインを長く出した釣りだった。
フルラインを流すと、フライはどこにあるか見えない。
ラインの先にライズがあると、合わせてみるが乗らない。
「ダメだなー」と思っていたら、向こう合わせで鯉が掛かった。
引きは本流の流れに乗って早いが、ロッドから手に伝わる感触で小型の鯉だと分かった。
上がってきたのは55pの元気な鯉でした。
藤田さんには、今回数年ぶりの直接指導で、流れの読み方やラインの流し方を教えていただきました。
写真は藤田さん撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

帰宅後、娘が「どこにもお出かけしていない」と言うので、散歩で近くのレンタルビデオ屋にアンパンマンのビデオを数本借りてきました。


0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ