☆ 【二子玉川でフライフィッシング】のHPは、こちらから。 ☆


このブログは容量オーバーになったので、移設しました。
こちらからどうぞ。
二子玉川でFF

2006/7/15

夏本番か?  フライで鯉釣り

2006年 7月15日(土) 二子玉川
釣果 鯉 1尾

前日に飲み会があったので、出撃が遅れました。
二子に着く前にサーチパンを忘れたことに気が付きまたコンビニにと思いましたが、この蒸し暑さで長時間は釣りをしない(1尾でも良い)と決めていたのでサーチパン無しで釣り事に。

二子に着いて川を覗くと、いるんですよ水面近くを泳ぐ鯉がたくさん。
これはサーチパン無しでも釣れると喜んだのですが、結果は1尾でした。

なかなか釣れず焦っていたら上流に、いないなさんが登場。
いないなさんにヒット、私の焦りは最高値。(爆)
写真は、いないなさんです。
クリックすると元のサイズで表示します

下流に降りてこられた いないなさんがサーチパンを私の前に投げてくれたので、ようやく食い気のある鯉を見つけることが出来ました。
見つけてもフライは見事に見切ります。
結果、釣れません。(>_<)

以前釣ったことのあるオレンジ色の鯉が、フライを意識するようになってきました。
しばらくするとゆっくりとフライに近づいてきて、「今だ!」と合わせたらロッドが曲がった。
「やっと釣れた!」「ん?・・・・」「あれ?鯉の動きが」「スレ?」
まあ私としてはネットでキャッチ出来たら釣果としているので、サイズを測り釣果として登録しました。ヘ(^o^)/
クリックすると元のサイズで表示します

その後1時間ほど2尾目を狙いましたが釣れません。
12時頃、空を見上げると怪しげな雲が。
2時間後ぐらいに雨が降ると予想し、帰宅しました。
2時間後、シャワーを浴びていると雨が降ってきて雷もなってきた。
近くに落ちたらしく大きな音がした。
シャワーから出ると娘が妻にだっこされている。
お昼寝をしていた娘が雷の音で起きたらしい。

この時期は雷が多いので、怪しい雲が見えたら釣りは中止して避難しましょう。
雷は10km以上先から飛んでくるそうです。
カーボンロッドは河原の中では避雷針ですからね。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ