見かけによらないんです  mi vida

土曜日に手に(足を?)入れたチャンシー。日曜日には1日履いて歩きました。
むむむ、ただぼんやりと歩いていては、上手いこと前に進みません。
なんと言うか…新鮮!という感じ。
そうは見えないと思うけれど、一歩一歩身体を鍛えているんです。

その日曜日には、横浜高島屋へ。
羊ボタンの陶房たゆ(小泉尚子)さんの展示会に伺いました。

小泉さんの作品には、犬、猫、森の生物、海の生物、草花 etc. が
切れのいい線で描かれていて、決して甘くない潔さがある感じです。
今回は、ついに(またかい(笑)?)器を購入してしまいました。
見直してみると、みーにゃにちょこっと似ているような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなお茶目なボタンもあります。
クリックすると元のサイズで表示します


みーにゃと言えば、先週金曜日の早朝に、ユリの葉っぱを食べて
もどしていました。ユリは猫には有害だそうです。極端な例かもしれませんが
亡くなった猫さんも居たとのことです。
知らなかったとは言え可哀想なことをしてしまいました。

その後のみーにゃは、水を良く飲み、カリカリは控えて、体調を
整えているように見えます。好物の焼いたマグロの赤味はぺロリと
食べていたので、食欲不調とは言えない感じです。
遊ぶ様子にも変化は見られないですし。

売られている花は、元々が有害かどうかだけでなく、農薬の使用
など、猫には心配なことが多いようです。
もし「猫が口にしても大丈夫」と太鼓判を押した花を販売してくれる
花屋さんがあったら嬉しいのに…。

0




AutoPage最新お知らせ