通院について考えてみた  mi vida

私自身は病院を毛嫌いするたちではないし、自分のために
自分で選んで行くわけだけど、猫たちは「むむっ…殺気?!」
と思うか思わないかの内にキャリーへ入れられ、
ちゃりんこルイさまにくくり付けられ、「あれぇ〜!」
みたいな?

トムについては、病院でもゴロゴロ言っちゃうような
お気楽ぶりなので、気にすることないかもしれない?
聴診器あてられてても、輸液してても、ゴロゴロ〜(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

みーにゃも結構落ち着いている方なので、助かっちゃう。
出掛ける時にキャリーに入ってもらうのに、ちょっぴり
抵抗されるくらいで。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなふたりなので、病院に行く時は、大抵事前に
「明日行こうね」とか、「そろそろ行こうね」とか
宣言しちゃうけれど、どう思っているのかな?
明日行くかと思ったらおちおち昼寝も出来ない…とか?
どうなんだろうねー?おふたりさん。

ふたりで居るのって、やっぱりいいのかなぁ…。
特にみーにゃは、たとえば、物音などにビクついた後の
立ち直りが早くなったかも。
トムの落ち着きっぷりを見て、「大丈夫にゃのね…」と
思っているのではないか、と。
(トムじい様のお耳が多少…というのもあるかも。)
それで、この冬は膀胱炎に至らずに過ごせているのかも。

しばらく病院はご無沙汰でなにより!
今日も一日元気で居てくれて、どうもありがとう!!

0




AutoPage最新お知らせ