ねこかぷせる  フェルトづくり

テスト前になると「なにか」を始めてしまうクセ
大人になっても相変わらず。。。

で、こんなの出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ねこかぷせるぅ〜☆」
(大山のぶ代(ドラえもん)風だと楽しいかと)

中に大事なものを潜ませてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

…猫毛ですが、なにか?

メラミンスポンジに羊毛をニードルでチクチクと刺して
動物を作られる作家さんがいらっしゃるそうで、ちょっと
真似てみました。(体長は5cm位)

※メラミンスポンジって?
 お掃除用によく売られている「激落ち○○」などのことです。

クリックすると元のサイズで表示します

スポンジの上に、短く千切った羊毛をのせて、フェルト専用の
ニードルでチクチクと刺して作ります。

猫毛をじかに羊毛でくるむと、刺しているうちに羊毛と
一体化してしまうし、真ん中にくるんだつもりが思わぬ
ところに移動していたり…ということがあるのですが
これなら大丈夫。
但し、出来上がってからの出し入れできません。
(壊せば出せますけれど)

見た目は、いつものニードルフェルトと変わりませんが
手触りはフワフワです。
結構ヤワな感じなので、猫さんの魔の手にかからぬように
充分な注意が必要です。

2/11のお雛さま作りの際に、コチラを試してみたい方が
いらっしゃいましたら、その旨、お申し込みの際にお知らせ
くださいませ。材料を用意するようにします。

3




AutoPage最新お知らせ