ちょっくら経済なるものを考えてみる  mi vida

もはや右上がりの経済成長なんて幻想でありましょう…と
思わずにいられない昨今にあっても、会社に行けば
やれ成長路線だの成長領域だのと、相変わらずな毎日。

昨日、「これからの地球環境と経済」なる公開シンポジウム
@慶應義塾大学に行ってきた。さてその内容はというと…

富を貯めこまなくとも、楽しく・美しく・心豊かに、そして
自然と共生して暮らせるようになるには、社会のありよう
(システムやマインド)をどのように変えてゆけば良いのだろうと
いう話が主(<私の個人的な感覚)であったが、学者の先生方にも
未だにその解が見つけられずにいるとのことであった。

私としては、まずは「そうありたい」と個人的に望み続け
生活の中で、どちらか選べる時はソッチへゆけそうな方を
選ぶということを繰り返すしかないかなぁ…と、ちんまり考えた。

クリックすると元のサイズで表示します
身近な自然児(爺?)

2




AutoPage最新お知らせ