朝映画  mi vida

朝イチで映画「インセプション」を観てきました。
他人の夢に入り込む話。

クリックすると元のサイズで表示します

クリストファー・ノーラン監督/レオナルド・ディカプリオ主演
謙さんも出ている。

映像としてとても印象的な映画で、かつ考えさせられる。
よくエンドロールが終わる前に席を立てるなー?って
思いながら、気の早い観客を見送りましたが、エンドロールが
終わっても何も追加情報はなかった(がっくり)。
だけど、いい感じの劇中歌がもう一度聴けたからいっか。
(音楽はハンス・ジマー)
☆追記
 エディット・ピアフの「 Non, Je ne regrette rien 」だそう。

入り組んだ話で難しい、という事前情報だったけれど
そうともいいきれないような、そうなような…。
自分としてはちゃんと理解できたと思うけど、最後は「?」

よく、つねって痛かったら夢、って言うけれど
映画の夢の中では、ちゃんと痛いの。どうやって見分けるのか
っていうのは、つねる以外の方法があるのだけれど。

スルメのようにしばらく噛んで味わいたくなる映画。


ホヤさん(ハートホヤ)に花が咲きました。
クリックすると元のサイズで表示します

初めて見ました。蝋細工か何かみたい。
ケータイで撮ったら、ピント合わず…残念!
2

うつわ考  mi vida

トムは基本ウエットごはんですが、ペロペロと舐める
ようにして食べるので、ごはんがどんどん器の端に
寄ってしまって、途中で真ん中に寄せてあげないと
こぼしてしまうこともよくあります。

で、どうしたら上手に食べてもらえて、私も楽できるか
っていうのを考えて、器の形を変えてみるわけです。

まずは、ふちが内側に巻き込んだような形のもの
こぼすことは減ったけれど、寄せてあげないと最後まで
ちゃんとは食べにくいみたい。

続いて、最近試しているのは、深さがあって底?が狭いもの
割といいかもしれない。引き続き様子見。

クリックすると元のサイズで表示します

ごはんについての悩みが、この程度っていうのもありがたい。
色々なフードを喜んでくれるし、歯槽膿漏で酷かった歯を
抜いてからは、食欲不振もほとんど無いので、まだまだ元気で
いてくれそうです。


2

ひとりより、ふたり、さんにん  みやっ☆

昨晩、雷雨がすんごいこと!になりました。
そろそろ来るかも〜と走って、玄関に入ったところで
ゴロゴロ、ドカーン!ドッシャ〜!!!
窓から外をうかがうと渦巻くように雨が降って(?)
いました。傘は無駄って感じ。

みーにゃは、雷・花火の類が大の苦手なので、人ベッドの
下にもぐりこんで、息を潜めていました。

そんな中、トムは晩ご飯をむしゃむしゃ〜!
いつも通り、もしかしてそれ以上の食べっぷり(笑)

雷雨はどれくらい続いたのか、ようやく治まった頃
モロヘイヤにオカカ&醤油(ヒト用)のオカカに気付いて
みーにゃがベッドの下から走り出してきました。
「よく分かったねー。食べる?」
「オカカほしいにゃ!」
あっという間にいつもの みーにゃです。

私が「ここにいれば大丈夫だから安心して」とか
「一緒にいるから大丈夫だよ」とか言うよりも
トムが平気な顔してご飯を食べているっていうのが
効くんだなぁ…。

私は私で、もしニャンズと暮らしていなかったら
きっと、とんでもなくダラケた生活になってるに
違いないと、ありがたく思っているのです。


ヘン顔〜
クリックすると元のサイズで表示します
3

ゆらゆら  mi vida

最近、旅行の少し前から「1Q84」を読んでいました。
友人Mさんから、3巻まとめて借りたもの。
1984年の頃を思いながら、自分に引き寄せてみたり
近づいてみたり、遠くから眺めたりして、いろいろに
読むことができるな…と思いました。
4巻目があるのかどうか、巷では話題になっている
みたいだけれど、どちらもありな気がするな。

クリックすると元のサイズで表示します

水曜日、玉川大学の芸術学部パフォーミング・アーツ学科の
創作民族舞踊公演「Asian Feet 2010」を観ました。
上の写真は、その特設野外ステージ。
日本や南アジアの伝統芸能に想を得た舞踏は素晴らしかった。
むっ…とする蒸し暑さ、霞む月、それらも舞台の一部のよう。

2

梅雨明けと旅  mi vida

1泊で、神戸・奈良へと旅してきました。
昨夜帰宅すると、猫らはいつものように出迎えてくれました。
あたりまえのように"そう"であることに感謝です。
トム、みーにゃ、そしてCSはるたさん、どうもありがとう!

さて、今回の「灼熱きまま旅」(<なぜか命名)
一人旅だと、ついつい、「まいっか〜」とだれてしまう
私には珍しく、酷暑の中ずんずん歩き回りました。

1日目 第2回愛農人猫セミナー
くふふ…美味しい。「愛農人」のランチ。
ほぼ野菜だけれど、パワフルなのだ。

そしてメインイベント、南里さんのセミナー
「ほー」と関心したり、ドキドキしたり、しんみりしたり。
そして、NYAN GAME では場の一体感が増すのを実感。

夜は、「猫の手会議」に混ぜていただきました。
わくわくなお話を沢山。
みなさま、どうもありがとうございました!


興奮したのか、夜はなかなか眠くなりませんでしたが
それでもいつもよりは早く寝ました。
シングル予約なのに、ダブル(にしては小さいが?)の
お部屋でにゃんともラッキ〜☆広めで硬めのベッドが快適!

2日目朝、TVを点けてみたら、ラジオ体操。
やりました第1&第2!夏休みっていったらコレよね〜。
昨日買った「はらドーナツ」をいただいて
荷物を新大阪の駅ロッカーに預け、いざ、奈良へ。
しかし…暑い!!!

近鉄奈良駅から興福寺へ向かいました。
ん〜?通りは思ったより全然人が少ない。

クリックすると元のサイズで表示します
客引き?をする鹿さんたち
夏毛の斑点模様がとってもかわいい♪
冬は無地になるらしいですよ。

興福寺は…大型バスも沢山、国宝館は大混雑。
上野で会いそびれてしまった阿修羅像に会いたくて
やってきました。
ガラスケースに収められていると聞いた気がしたけれど
今は違っていました。
思っていた以上に華奢だ…。だけど、凛々しい。
それにしても、この人、熱気、ガラスケースが必要なのでは?
と、逆に心配になってしまった私。

その後、大仏や春日大社も…と欲張りたいのを堪え
新薬師寺へ。歩け歩け〜。
「400m先で右折」の看板に励まされ、歩きに歩くも
期待している「ココ右折」の看板がなかなか出てこない。
出るのは汗ばかり。おまけに人もいない。何でだ?

おお…八百屋の店先に鹿が。人はいないが鹿がいた!

で、やっとのことでたどり着いた新薬師寺は、興福寺の
喧騒とは大違い。ほっとして、汗が引くまで居させていただいた。
ゆめ猫さんが大ファンという「バサラ大将」。うわ…カッコイイ。
いいのか?こんなミーハーで。いや、きっとそのつもりで創られた
に違いない、と色彩復元のドキュメンタリーDVDを見つつ思う。

十二支それぞれの守護をされているらしいが、申年は〜?と探す。
「アンテラ大将」おや、地味である。
…というか、目つきがお茶目っぽい?残念ちょっとよく見えない。
手に持つのは払子という仏具で、長い獣毛や麻を束ねて
柄を付けたものらしい。
ほの暗い本堂の中、オペラグラスを手にした方も。それ賢い!

さて、また暑い中に戻ろう。新薬師寺のお隣は、南里さんも
オススメの「入江泰吉記念奈良写真美術館」。
ちょうど、入江泰吉傑作選-大和路-の会期中でした。
昭和20年頃のモノクロ写真と大分後のカラーの風景写真。
暑さのせいか、水辺の写真に惹かれた私。

街のオアシス〜♪
コップ一杯のちょこっとビール150円也。ありがたや〜。
クリックすると元のサイズで表示します

あまりの暑さに「せんとくん」もこんなことに?!
クリックすると元のサイズで表示します

新大阪で買った奈良のガイドブック(表紙が◎)
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっといい感じのお店やグッズが紹介されている。
これは見逃せない。てくてく、てくてく。

いや、これ↓ホントはいくら私でも実物を前に悩みましたけども。
奈良限定だからってどうなん?って。

クリックすると元のサイズで表示します
でも、やっぱりかわいい(笑)

それから、ちょっとしたお土産や、晩ご飯用に柿の葉寿司
なども買いまして、帰路に着いたのでした。

さて、新幹線こだま号の中では…
これよね〜♪

クリックすると元のサイズで表示します
祝!初めての大阪のたこ焼き

あ〜楽しかった☆


今朝のトム&みーにゃ

クリックすると元のサイズで表示します
「じ〜っ」

クリックすると元のサイズで表示します
「んべんべ」

今日も元気でありがとう!
4




AutoPage最新お知らせ