夜のお楽しみ  mi vida

先日、TVをイマドキのに替えたのです。
TVやDVD(こっちは古いまま)を観られるのは普通として
ネットにつなげてYouTubeも観られちゃったりするので
「どれどれ観てみよう」と、昨夜はジュリーを観てました。

懐かしい曲、今でもいい感じ。カッコイイ〜♪
てなわけで、「沢田研二」で検索して出てきたものを
片っ端から観てしまいました。
「おぉ、私この頃って○才だわ〜」なんて思ったりしながら。


DVDといえば、チェックも兼ねて最初に観たのは
「ガタカ」
(監督:アンドリュー・ニコル/主演:イーサン・ホーク)

近未来を描いたSFでサスペンス。
遺伝子操作や遺伝子情報にがんじがらめで、息苦しい世界、
そこから逃げ出したい遺伝子的なハンデを負っている主人公。

彼は、遺伝子検査で生まれてすぐに、「不適正者」と判定され
教育や就業にも格差がある。
宇宙飛行士になりたいという夢への道を閉ざされている彼が
自分自身を信じ、奮い立たせ、立ちはだかる壁をいかに
乗り越えるのか。


冷たくて悲しい世界、こんな未来が欲しいだろうか?
これからの私達の選択次第では有り得るような世界。
だた、主人公や彼の周囲の人々の気持ちの中には
ほのかな希望のような、熱のようなものが感じられます。
切ない話ですが、色々な見方が出来る作品です。

私好みのものが沢山出てきます。
 
 ジュード・ロウ(主役じゃないです)
 マイケル・ナイマンの音楽
 フランク・ロイド・ライトの建築物
 クラシカルで美しい自動車や衣装
 etc.


ここ数日、やたら暑いですね。
今も蒸し蒸ししているので、窓全開で扇風機です。
日中留守の時は、少しエアコン使わないとだめかしら。
ひんやりシートで気に入ってもらえるのを探そうかな。
アルミのひんやりプレートには乗ってくれなかったのよね…。

2




AutoPage最新お知らせ