羊(毛)をめぐる冒険 【5】  旅たびたび

6月22日(土)
朝8時、リンダライン(高速艇)でエストニアのタリンへ
約1時間半の船旅です

クリックすると元のサイズで表示します


旧市街にどーんと構える通称「ふとっちょマルガレータ」
その奥の尖塔は聖オレフ教会

クリックすると元のサイズで表示します


ラエコヤ広場は観光客でいーっぱい

クリックすると元のサイズで表示します


ヴィル門
メインストリートとのことで、こちらも賑わっています

クリックすると元のサイズで表示します


エストニアは手の込んだ模様の手編みで知られているとのこと
城壁に沿って沢山のお店が連なっています

クリックすると元のサイズで表示します


こちらでプレヤーン(毛糸)を買いました〜(^^)/
ハンドメイドフェルトの室内履きなどもありました

クリックすると元のサイズで表示します


街の片隅にこんなかわいい小さな扉
よく見ると黒猫さんの姿が♪

クリックすると元のサイズで表示します


やーっと羊モノのお買物が出来、他にも色々な手工芸品を見ることも
出来て大満足!
歩き回って充実した1日でした。

(つづく)
1

羊(毛)をめぐる冒険 【4】  旅たびたび

21日は夏至の前日で、中心地からバスで20分ほどの
セウラサーリ野外博物館では、夕方から夏至祭イブの
イベントがあるとのこと。

街の中はお店もやっていないし…夏至祭を体感するには
行ってみるしかないでしょう、ってことでバスに乗って
でかけてみました。

パンフレットに載っていたイベント紹介によれば

 材木切り出し
 メイポールを立てる
 手工芸の実演
 フィンランドのフォークダンスと音楽
 大きなかがり火(焚火)

などだそうで…ちょっと心許なかったですが、百聞は一見に如かず(笑)

セウラサーリは小さな島で、丸ごと国立公園になっており
フィンランドの18〜19世紀の古い木造家屋などが多数移築されています。

バスを降りると見えてくる木造の橋を渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します


お茶目な鳥(カモメ?)が、じーっとしていました。
注目を浴びても動じないみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します



小さ目の焚火

クリックすると元のサイズで表示します


これがメイポール?

クリックすると元のサイズで表示します


フェルト作りの女性

クリックすると元のサイズで表示します


鍛冶屋さん
私が見た中では、一番多くの人だかりができていました。

クリックすると元のサイズで表示します


このほかにも手づくりの笛、木工、織物など色々な
実演販売がありました。

こちらのおじさんは、即興で切り紙をしていました。

クリックすると元のサイズで表示します


材木切り出しは、丸太を一つの道具でドンドン切り分ける
マッチョな男性の実演で、薪として使うみたいでした。

結構な人手で、ちょっと疲れてきたので、メインイベントの
大きなかがり火を見ることなく、退出しました。

ヘルシンキの方は、この時期、郊外のコテージなどで
ゆっくり過ごされるそうなので、セウラサーリに来ているのは
お休みの取れない方、あるいは観光客といったところでしょうか。

中央駅の駅前まで戻りましたが、すでに夜の8時だというのに
この明るさ。
時差もあって、十分眠い私はホテルへの道を急いだのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

(ただいま2日目…まだまだつづく)












0

羊(毛)をめぐる冒険 【3】   旅たびたび

ヘルシンキ到着翌日 6月21日(金)午前11時
1時間半の市内観光バスで見どころをぐるりと巡ります。

集合場所はエスプラナーディ公園の一角
クリックすると元のサイズで表示します

英語のガイドさんが同行されますが、詳しい説明は
ヘッドホンで聞く日本語(テープ)でばっちり
クリックすると元のサイズで表示します


ヘルシンキ大聖堂【車窓】
クリックすると元のサイズで表示します


テンペリアウキオ教会(ロックチャーチ)【下車】
クリックすると元のサイズで表示します


シベリウス公園のモニュメント【下車】
クリックすると元のサイズで表示します


マーケット広場【車窓】
クリックすると元のサイズで表示します



他にもいろいろな見どころをを回りました。
美しい街並みがコンパクトにまとまっているのが印象的でした。

こうして改めて写真で見ると空の青さが際立って見えますね。
長い冬を過ごした後のこの夏の日差し、フィンランドの方々が心底
楽しみにしていた季節だということが少し分かるような気がします。


(つづく)


0

羊(毛)をめぐる冒険 【2】  旅たびたび

成田から9時間半のヘルシンキ
初の北欧上陸〜

まず空港のインフォメーションに立ち寄りました。
に…日本語?!

カウンターに日本語で対応してくださる方が!

エストニアのタリン行きの高速船と夏至祭に関わる情報のことを
くわしく教えてくださいました。
なんだかやっぱりホッとした〜(^^)


ヘルシンキはあちこちのお店が夏至祭でお休みだったり
短縮営業…

百貨店もご覧のとおり
 金曜日はお昼まで
 土曜日はお休み
 日曜日は午後から


クリックすると元のサイズで表示します

ということで、21日(金)は市内観光バスで見どころを回り
22日(土)はエストニアのタリンへ日帰り観光に出かけることにしました。


こんなかわいい物があるお店も、この週末はずーっとお休み
残念。。。

クリックすると元のサイズで表示します


(つづく)
1

羊(毛)をめぐる冒険 【1】  旅たびたび

6月20日から29日まで、フィンランドのヘルシンキ、
スペインのバルセロナとマドリッドを旅してきました。

北欧のフェルト、スペインの羊を見たかったのです。
…まあ、久々に海外に行ってみたかった、ってとこですが(笑)

この歳にして、初めて自力で海外のホテルを予約したり
列車の予約をしたりしました。

それもこれもネットのおかげよね。
昔だったら電話とかFAXとか?少なくとも英語に自信がないと
しようがなかった。
こんな私でも出来るようになっちゃったんですねー。すごいわ。

そうは言っても、行ってみないと、ほんとのほんとに大丈夫なのか
不安だったけれど、今回、予約出来てないだのなんだのっていう
不具合も無く、サバイバル英会話を披露(?)する間もないくらい
順調だったのでした。めでたしめでたし♪

ヘルシンキでもバルセロナでもマドリッドでも
空港や駅の様々な表示は、ユニバーサルデザイン化のおかげか
パッと見て分かるようになっていたから、文字に頼らずとも
どんどん歩ける感じ。

えーっと、ちょっとくらい困った(迷った)こともあったはず
なんだけど…忘れたかも。

あ、ヘルシンキ空港は、自力でチェックイン機でチェックインして
荷物だけカウンターに預けに行くってくスタイルだったのだけど
そのことになかなか気づかなかった、とかね。

あと、マドリッドのバスターミナルは工事中で埃っぽいうえに
バス乗り場の表示がモニターに表示されてなくて迷ったり…
でも、このときはガイドのくまさんがご一緒だったので
事なきを得たのでしたけど。

ではでは、次回からは写真と共にお楽しみいただきたいと思います。



ヘルシンキはバーゲンシーズンなんだけど
バカンスシーズンでもあり、お店はお休み…残念!!!
Ale=Sale らしい
クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ