お久しぶりです。  mi vida

しばらくご無沙汰しておりましたが、お変わりありませんか?

8月に入ってからというもの、かねてより闘病していた母の具合が
あまりよくなかったのですが、つい先日、旅立ちの日を迎えました。

その日の早朝、部分月蝕があるというので、どれ、ひとつ見てやって
話題にしようではないか…と思っていましたが、ちょうどその頃
思った以上に安らかに旅立ってしまいました。
これまでの闘病の日々の長さに比べ、なんてあっけなかったことか。

今、一番の気持ちとしては、安堵した…といったところのように
思われます。
亡くして知る大きさというものも、ひしひしと感じています。
そういった感傷は、今後、折に触れ湧いてくるに違いないですが…。

母のためにお祈りくださった皆様、どうもありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
母の家庭菜園の向日葵

クリックすると元のサイズで表示します
8/16朝の富士山
家庭菜園からの眺め

クリックすると元のサイズで表示します
家庭菜園の隣のお宅のわんちゃん(♂)と彼が面倒を見ている子猫。
お家が建設中のため、一匹でお庭に残って番をしている。
ご飯を分けてあげたり、一緒に寝たりしているらしい。エライ!



そうそう、私の心待ちにしていた月蝕ですが、月の高さが低くて
隠れていたのか、残念ながら見えませんでした。
8月28日の夕方から夜にかけては、皆既月蝕が見られるそうです。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ