滋賀経由神戸行【訂正】  mi vida

失礼しました。一部書き間違いがございましたので、訂正しました。
(誤)大月⇒(正)高月
-----

1泊で、神戸に遊びに出かけました。
24日の早朝出発し、まず滋賀県の高月へ寄り道。
高月駅に程近い、渡岸寺(どうがんじ)の十一面観音菩薩さまが
お目当てです。
空は灰色で、空気はヒンヤリ。ちょっと寝不足な私もしゃっきり
してしまいます。

この観音さまは、お耳の後ろにもお顔があるのが特徴で、こういう
意匠は、大変珍しいのだそうです。法隆寺と敦煌の莫高窟の何処かに
あるらしいのだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

後姿まで見せていただけるようになっていて、とても良かったです。
一帯は、観音さまが多いところなので、次の機会には、ゆっくりと
廻ってみたいと思いました。

でも、鉄道の本数がとっても少ないので、要注意!11時は1時間に1本!
これを逃してなるものか〜って意気込みました。

高月から米原(まいばら)に戻り、再び新幹線。新大阪で乗り換えて
新神戸に到着しました。
京都あたりから降っていた雨は、神戸では本降りで、その上、寒い!
この天気で20kmのマラソンを完走しちゃう、まりちゃんはスゴイ。
夕方、彼女と合流して完走祝いをしました。

翌25日は、朝から快晴。まずは生田神社にお参り。

クリックすると元のサイズで表示します

それから北野異人館の方へ向かって、坂を上ってどんどん歩きました。
ちょっと細い小道とか、脇道に入ってみたり、パン屋さんに寄ったり
しながらの散策は楽しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
(マトリョーシカにも会いました。)

神戸の三宮から元町あたりまでって、歩いてもたいした距離ではなくて
コンパクトにまとまった街なんだなぁ、と思いました。

その後、市立博物館近くにある、「とんぼ玉ミュージアム」へ。
昨日、体験コーナーで作ったとんぼ玉の引き取りです。

こちらは、古代からのガラス細工のコレクションがあったり、現代の
作家さん達の作品が観られたり、一部購入できたりします。
技法が沢山あるのですねー。かわいいもの、美しいもの。ちょっと
不思議だったり怖い感じだったりするもの、色々あって惹き込まれます。

今回初めて2個作ってみましたが、これがなかなか思ったよう
にいかないんです。両方の手にそれぞれ神経を使わないといけなくて
結構大変。ちょっと予想外の仕上がりになりましたが、最初の作品?
として大事にします。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、新幹線の時間まで、まだしばらくありそう。
またあちこち寄り道しながら駅へ向かい、帰宅の途についたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
(新神戸の駅の裏手がこんなってご存知でした?いい感じです。)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ