フェルトの毛玉ケア  フェルトのお手入れ方法

にゃんこの毛玉も困りものですが…
フェルトの場合も避けて通れないような感じの毛玉です。

特にご使用の初期の頃、表面の遊び毛が擦れて毛玉に
なりやすいのです。

これが不思議と、ケアして使っていくと、次第に出来にくく
なってくるというのが通説です。
そもそも長〜い歴史を持つものですので、扱いやすいもので
あるということは間違いないと思います。

毛玉が出来てしまったら、お早目に

@ひとつづつつまんで、ハサミで毛玉だけカットする

または

AT字カミソリなどのカミソリで、表面を撫でるように剃る

少ない時は、@で良いですが、ちょっと沢山出来てしまった
という時には、Aがおススメです。
私は、旅先のホテルなどで置かれているカミソリを頂いて
きたりして使用しています。


遊び毛の処理については
にゃんと!海苔を炙るようにコンロの火で…という
スゴ技もあるそうですが、試したことないので、こちらでの
説明は割愛させて頂きます。


ご不明点などございましたら、お問い合わせください。


アトリエにゃんと:gatosylana☆yahoo.co.jp(☆⇒@)
0

フェルトのお洗濯  フェルトのお手入れ方法

ハンドメイドフェルトで気になるところのひとつが
お手入れ方法ではないでしょうか?

フェルトは大変長〜い歴史を持つ、不織布(織っていない布)で
材料は主に羊毛です。
羊毛にカシミアなどの獣毛や絹、綿などを混ぜることもあります。

お洗濯は、ウール洗い用の洗剤で手洗いが可能です。
但し、そーっと押し洗い程度にしてください。
あまり力強く洗いますと、縮んでしまい風合いが変わってしまう
ことがあります。

すすぎ洗いのあとは、洗濯機の脱水を1分程度かけてください。

その後、形を整えて、風通しのよいところで陰干ししてください。
半乾きの時に、アイロンをかけますと、きれいに仕上がります。

バッグ等で皮や洗えない素材を使っている場合は、取り外して
洗ってください。
また、ビーズ等、繊細な装飾をしてあるものについては作家さんに
取扱い方法をご確認されることをおすすめします。

ご不明点などございましたら、お問い合わせください。


アトリエにゃんと:gatosylana☆yahoo.co.jp(☆⇒@)


0




AutoPage最新お知らせ