明けましておめでとうございます  mi vida

昨年は大変お世話になりました
お陰様で元気に年越しいたしました

昨年の事を思い返すと
短期間に職場が変わったり
フェルトの教室の場所を変えたりで
自分が思っていたよりも
慌ただしかったのかも?
五十肩になったり…と、年齢的な
理由と思われる体調の変化も

種は撒いてみたけど、育てきれて
いない感じ?
今年は、腰を落ち着けて、ちゃんと
考えて育てる努力をする
そんな年にしたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします

どうか平和で良い年になりますよう
お祈りしております

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019年の終わりに  mi vida

「ブレードランナー 2049」が
TVで放映されているのを見つけ
そういえば、30年後の新作が
あったんだね…と、観てみた。

まだ消化不良感が強いけど
揺さぶられる映画だった。
解り易いばっかりじゃなくても
いいよね。

しばし噛み締めてみたくなるよな
そんな作品。

「ブレードランナー」の舞台は2019年
フィリップ・K・ディックの
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が原作

私の「羊」のビジュアルイメージは
この文庫本の表紙だと思う。
この小説と「ブレードランナー」とは
だいぶ違う。そして「…2049」も。

懐かしいけど全然思い出せず
本棚から引っ張り出してきた。
字が小さいぞ読めるかな?(^_^;)

ついでに?好きだったSF映画を
思い出してみた。

ターミネーター
未来世紀ブラジル
ブレードランナー
トロン

でも、内容の記憶はあやふや。
「ターミネーター」は新作絡みで
最近TVで観たけれど、それ以外は
観直してみようかな。


やっぱ読むか…


クリックすると元のサイズで表示します
2

大倉山・ひつじ・シュトレン  mi vida

昨日、11月最後の日
初めて大倉山へ行きました。
お目当は all about the wool

駅前からひたすら急坂を登って
息切れしながらやっとたどり着いた
大倉山記念館
不思議で格好いい建物

羊毛から生まれる色々な手仕事を
見せていただきました。
皆さま大変細やかな仕事ぶりです。

ワンコインのワークショップでは
毛糸を無駄なく使い切るアイデアも
授かりました。

帰りには、坂の途中で見かけた
パン屋さんへ
道端にはシュトレンのシーズン
到来を告げる看板

クリスマスまで保ちますか?と
確認した上で、いただいたこちら
しっとり、甘すぎない、美味しい
マジパンがクドく感じるものも
あるけど、これは違う。
出会えて嬉しい。

また来年、同じ頃に大倉山に
来ること出来たら、また買おう
…って、まだひと切れいただいた
だけだけれど(^^)


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

気が楽だ  mi vida

ヒグチユウコ展 CIRCUS を観に
静岡の三島へ来ました

富士山の湧水が街を潤す
素敵な所

展覧会の会場は佐野美術館
三島駅から徒歩なら17分位

今日はとても良いお天気で
街歩きに最適
日差しが強いので、11月半ば
過ぎだけど日傘使いました

世田谷文学館での開催時は
メチャ混みだったらしいけど
三島!もしや穴場!?と
やって来たら、ゆったりと
気の向くまま鑑賞できました

展示作品は、20年分 500点を
超えているとか
どんだけ描いていられるんだ??
って感じです

生きることと描くことが
繋がっている人なんだろうな


ちょっとドコココ?って感じの
三島の街
混み合う都心に出掛けるのと
大して変わらない時間で訪ねて
来られるし、また来ます


クリックすると元のサイズで表示します
1

フェルトのポシェット  mi vida

縮絨途中だったポシェットを
完成させるため、Nさまが
東林間までいらっしゃいました。

ほぼ完成に近かったので
あっと言う間に仕上がりました。
(その前までの作業に結構時間が
かかっています)

プレフェルトを四角く切って
配置された模様も素敵。
乾いたら紐を付けて完成です。

長財布とスマホがちょうど収まる
サイズで、色も質感もこの季節に
ぴったりですね。

ご一緒させて頂き
ありがとうございました。

(後ろの小さいのはサンプル作品)

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ