2011/11/7

原発事故 以後に思うこと  GOD-Jのつぶやき

クリックすると元のサイズで表示します
クリックするとデカクなるよ


原発事故以降 思うこと(あくまで個人的意見)

地元産に近い 福島産の食べ物をなんだかんだで避けていること
これは一番悲しいことだが、今の基準値というものがWHOの基準からあまりにもかけ離れて
安全の低い基準で、実際この基準値を決めた人々は放射能の専門家ではなくド素人であり
なんの根拠もない数字なのである。
これを信用する根拠がないのだ

この基準値のまま人間が普通に食し、数年後 数十年後どうなるか 誰もわからないのである


僕は 原発事故の 周辺の食べ物をモグモグ食べて復興の手助けしよう という考えに最初から疑問を抱いています。


あれは原発をすすめた東電や安全をおろそかにしながら進めた原発の族議員が本来命と全精力をかけて賠償しなければならないものなのです






僕は食べる  という以外の選択肢で福島やほかの県の手助けをしたいと思っています

もちろん正しい情報をえたうえで今後いろいろ考えていかなきゃいけないけれども





やはり日本の発表というのは原発事故以降 あまりにも嘘だらけであったせいもあると個人的に思う。
爆発時に国の メルトダウンはしていない という報道も国はすで炉心融解していることを知っていて「メルトダウンしていない」といってしまっていることや、当時の報道を見ると
怒りに奮えるようなものばかりである

ある放射能専門家(どっかの大学の教授だったかも)がテレビで「プルトニウムは重いから飛ばない 原発周辺だけなので安心」という趣旨のことを言っていた

現実は横浜で検出されるなど何百キロも飛んでるし・・・・
こういった糞みたいな情報があるから 安心 っていわれても安心できなくなる

こういった嘘つきの専門家の情報は共有されず、また大嘘がまかりとおりので
よもや疑心暗鬼となるわけです

我々は自然と共存し生きていますが
お金をもらって土地を汚染する権利なんてないと思ってます

地震の多い日本なので、火力発電だけで日本の電力まかなえるという人もいますので
徐々にこのような汚染の危険のある原発は徐々に減らしていくことは
重要だと思います。

また帰るべき地元を失った方の気持ちは想像してもそれに至ることはないと思います
120キロしか離れていない筆者の地元でさえきついです

もちろん鈍感で何も考えなければ感じない人もいますがそっちのほうが幸せだと思います

知らぬが仏  知れば不動明王  しったら鬼になるしかありませんから
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ