2018/5/14

うつ病の治し方 その@  うつ病を治す方法 伝授!

  こんにちは

私GOD-J鉄雄は2013年にうつ病にかかり実に3年地獄を見てまいりました

今はほぼ軽快し仕事もかなりこなせるようになり笑顔の毎日です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

自分がうつ病にかかったとき、それがうつ病とわかるまでだいぶ時間がかかりました

そしてうつ病を治す等のネットで検索しても良い情報があまり無かったのです

そこで自分のうつ病を治した方法を余すことなく伝授し社会貢献したいというわけです!

うつ病・・・それは心の風邪ではありません。

時に人を死に追いやる脳と心のガンです

一人でも多くの人が うつ病というものから回復して欲しいということを祈願し

その治し方を伝授します!

まず私がうつ病になった経緯から説明させていただきます

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私は2013年 1月から整骨院に勤務しだしました。

ちょうど仕事もバリバリこなして充実感のなかにいました。

私はその時あるストレスを抱えていました

クリトリックリスというバンドを撮影しドキュメント映画として発表するべく

個人資金で撮影していたのです。それは一重に魅力を伝えたいがためでした

ですが私自身 映像編集できずに 共同でやっていたのですが

大変申し訳ない話 こころざし半ばで頓挫してしまったわけです

自分としては本当に大きな挫折でした

それと同時に風邪をひきました 結構きつめの風邪です

そのときの社長がこれ飲め!といってその人の処方箋の解熱剤をだしてきたのです

良くなると思いなんとなく飲みました

私は大きな間違いを犯したのです

他人の処方箋など絶対もらってはいけません!その人の体にあわせたものですから危険

しかも熱をだしているのはウィルスを殺すためで解熱剤などもってのほかだったのです!

結果 体の中でウィルスは増え続けます

その結果 私はその日 頭がまっしろというか頭が働かない 回転しないという ことを経験します。

いつもなら患者さんとスラスラ会話できるプロのはずが。。

それが後々まで私を苦しめる症状になるとは・・・・・。

それからその症状はいったんおさまります

そしてそういった微妙な体調が徐々に私を蝕めはじめます

仕事で極度に忙しい日の後にライブがあったのです

その日は本当に忙しくクタクタでした  その後全力でライブをしました!!

それはもう全速力 全身全霊

その次の日!! 

異変がおきます

整骨院で働きますが頭が全く 働かない! 

表現しようのないものでした 脳に異変が起きていると感じました

じわっと気持ち悪い汗をかいたのを良く覚えています

仕事内容は周りにはできていると思えても本人は頭が回転しないなか会話も充実しません

なんか話すのもだるい 語彙もでてこない そんな感じです

その地獄が3年にもおよぶ戦いの序章にすぎなかったのです

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

その後なんとか仕事にいきますが頭が働く 働かないの症状が2週間ごとにいれかわり

波のようにやってきました

働ないときは本当地獄でした

脳神経外科にいっても 症状なし 脳に異常なしでした

症状がさらに悪くなり 入眠できても背中のざわざわ感 胸の不快なざわざわ感で

夜中の3時におきてしまいます

もうそこから一睡もできません

ツイッターはみるのがしんどすぎて数年見なかったです

体は背中が鉛のように重く 仕事にいってもねそべらせたりすることもあり

もう限界でした

限界でも仕事に行きつづけました・・。

2年半もうボロボロで頭が完全に働かなくなり退職となりました。。

心療内科には行き うつ病と診断させ薬は服用していましたが仕事毎日は今思うと無理でした

うつ病は暗い人がなるイメージですが まったく関係ないと感じます

それから1年雇用保険をかけている場合 詳細はさけますが傷病手当というのがおります。

うつ病の場合 最大1年半 傷病手当 基本給の3分の2程度が支給されます。

正社員でうつ病の罹患した方はぜひ考えてほしい制度です

うつ病を治すのは植樹した苗を育てるかのごとくゆっくりとした時間が必要なのです

ここまでは自分語りなってしまいました。。次回からは具体的に治す方法を書いていきます

Aに続く

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ